FC2ブログ

スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

平社員と役職との仕事の違い

カテゴリー: 日々の中にある復活のヒント

vol.544

肩書きの無い平社員と

部長や課長という役職の付いた人との

仕事の違いってなんだろう??

 


俗に言う

プレーイングマネージャー



言葉はカッコいいが
営業で、個人の数字も上げながら
部下の数字まで面倒を見なさい!



という、会社にとって非常に都合の良い肩書きだ。

 


プロ野球などで言えば
最近では、ヤクルトの古田がやった
選手でありながら、現役選手である!

というポジショニングだ。



結果は、ここで語るほどでもないが

選手として『点』を見ながら

監督として『面』で物を見ないといけない。

普通に考えて、そうそう出来る物ではない。

 

 



会社で言う『課長』『部長』も同じこと。



部下の面倒も見ながら
今まで営業で作り上げてきた『数字』を期待される。



部下の数字に期待できないから
課の数字確保の為に


『課長』『部長』が、第一線で営業活動に勤しむ。



当然この間は、部下の教育など出来ないから
部下はいつまで経っても、おんぶに抱っこ!

 


こんな話は、何処の会社でもある。


でも、こんな話を
高い目線で俯瞰してみると
こっけいな事だと、良く分かると思う。

 



本来は、
『課長』や『部長』などは
『課』や『部』の全体を取り仕切る物で

『課』や『部』の数字を、1人で作り上げる物じゃない。



自分が現場に出なくても
自分の代わりをたくさん作って数字を作るもの。


大企業なら、こういう仕組みが出来ているんだろうけど

われわれ中小零細企業になると
プレーイングマネージャが大活躍する
『課』や『部』が存在している。

 


なんちゃって大企業


に、なっていることが多い。

 

 

格好だけは、社内に『課』や『部』が存在しているが

ちゃんと機能しているかは、疑問だ・・・




やっぱり、『長』が付く人は

自分が今まで気付きあげて来た
営業スタイルだったり、営業方法を
部下に教えなければいけない立場。



でも、なんちゃって大企業には

『部下に教える』という教育もなされていない。



自分が今までどうやって営業をして来たかを
論理的に、言葉で伝える勉強などしていない為



見て覚えなさい!



に、なってしまう。

 



だから、

 

教えるより、わしがやったほうが早い!

とイライラしてしまうんでしょう。


会社として、『課』や『部』を作るんなら

部下に教育できるマネージャーを作る覚悟を

社長がせんと、いつまで経っても

古田が選手と監督をやっていた時の成績しか残せんよ。




ほんじゃまた

 

右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングでNo.1を取りたいので、ご協力ください。
下のバナーを『ポチッ』と押してやってください。

広島ブログ  人気ブログランキングへ    blogram投票ボタン

前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://taigee.blog32.fc2.com/tb.php/574-8f4e948e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。