FC2ブログ

リクルート的なクレーム処理の仕方

カテゴリー: 日々の中にある復活のヒント

Vol.458

先日『みんな知らない、ホットペッパーの詐欺行為!』

という記事を書いたんじゃけど



色々な所から反響をもらいました。


“敵”の設定が良かったのか



沢山の賛同をもらいました。

 




今日は、その後の動きについて報告します。


そのクレームをつけた社長の言い分は



 ●現在の配布先を、もれなく全部報告すること



 ●ちゃんと納得する説明をすること



この2点を、リクルート側にぶつけました。

 


すると、指定した日に

担当の営業マンと、編集長と事業部長かなんかの
3人でやってきました。


そして、その社長の『全ての配布先報告書』は
まったく準備することも無く



言い分としては



 ★今回の年間契約は、全て破棄します



 ★当然今回の掲載料は要りません



という事だった。

 



そして、今回の事情説明について


営業担当者は



「ホットペッパーの体制が変わり

 内容も変わり、配布場所も変わりますと伝えました!」

 

この一点張りらしいのです 。

 

 

常識的に考えても

 

高い掲載料を払って広告を出す側が

 

「配布場所が変わります」と聞いて

 

「うちのお店の近くは出るの?」と聞かん経営者はおらんじゃろ?

 

 

 

こいつら、ホンマにバカじゃないんか!!

 

 

そして、その編集長は

 

「うちの営業が、その旨伝えたと言っていますが

 言葉が足らず、うまく伝わらなかったのだと思います」

 

と、その営業の非を認めるんじゃなく

あくまでもグレーゾーンで済まそうとするらしい。

 

 

その焼肉屋の社長に言わせれば

「その営業マンは、会社から『言っていないと、何があっても認めるな!』と

 言われているような感じじゃった」と言う事です。

 

 

 

「すいません。言っていません!」と

 

「伝えるのは伝えたんですが、言葉が足りなかったんでしょう・・・」

 

この違いを、主張するらしい。

 

 

 

この社長も、掲載料がタダになるからと言って

ここでこの1件にケリを付けたら、タダのクレーマーになってしまう。

 

こちらが納得できる説明さえあれば

金なんか全然払っても良い!

 

ただ、グレーに終わらそうとするリクルートの対応に腹が立つ!

 

 

「とりあえずこのまま話しても、先が無いんで、今日は帰りんさい」

 

といって、帰らせたらしい。

 

こりゃ! 被害者の会でも作って対抗せんといけんかも・・・

 

この1件、もうチョット目が離せそうに無いですね。

 

ほんじゃまた

 

 

右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングでNo.1を取りたいので、ご協力ください。
下のバナーを『ポチッ』と押してやってください。

人気ブログランキングへ  
前ページ | | 次ページ

iko

URL | [ 編集 ] 2009/07/21(火) 00:37:34

外国的な処理ですね。
日本人の大事なところを忘れた人か
情けないことです。












管理者にだけ表示を許可する
http://taigee.blog32.fc2.com/tb.php/487-8dacc487