FC2ブログ

小手先表現よりも、正直さ

カテゴリー: キャッチコピーUSP

vol.273

最近、チラシの構成の依頼を受ける事が多い。

どう表現すれば、それを見た一般の人が反応してくれるのか?

みんな小手先で、反応率を上げたがっている。

そこには
『そんなに数はないですよ』のような希少性や
『皆が良いと言っていますよ』という社会性や
『専門家も良いと言っています』という権威を利用すれば
ある程度は振り向いてくれるかもしれない。

最近では、こんな事も当たり前になってきているから
小手先では【騙す】事も難しくなっている。

なんで【騙す】という表現をしたかというと


わしも、クライアントから表現構成を頼まれると
結果を出さないといけないから、真剣に悩む。
そして真剣にヒヤリングする。

そしてある程度の結果を出してみせる。

ただ、ここからが大きな問題が発生する事が多くある。

表現方法を駆使して、お客さんの期待値をくすぐる。
そしてそのお客さんは、自分の頭の中のイメージを膨らませ

「こんな感じかな~」とワクワクしながら購入する。

すると!!





ワクワクしながら、期待に胸を躍らせながら購入したのに

リピート客になっていない!!



と言う事は、期待価値と実質価値に大きな開きがあったと言う事かも・・・


だから【騙す】と書いたんだ。

そこには【正直さ】が欠如している。


最近ではチラシやホームページのキャッチの表現などの依頼を受けても
その依頼者が本物かどうかリサーチしてから受けるようにしている。

その企業の【コアコンピタンス(圧倒的優位性)】もない会社の
仕事を請けると、また騙す事になってしまう。

今の商品やサービスに、絶対的自信を持っていて
他者のは真似できない○○があります!!

 

これくらいの事が、すらっと言える様な会社の表現方法を考えるほうが、ワクワクする。


先日テレビを見ていると、面白いスーパーが取り上げられていた。

ok

その名は『オーケーストア』って言うらしく
Everyday Low Price = 毎日安い を基本としたスーパーらしい。(広島にはない)

ここの社長さんがインタビューで
「正直が一番! お客様には正直に伝える」のような事を言っていた。

どういう事かと言うと
「この商品はなんで安いのか!」という理由を打ち出している。

もっと面白いのがこれだ!

低迷の続くスーパー業界で二桁成長を続けるOKストア。
エブリデイロープライス(EDLP)で安さが人気の秘密と言われるが
実は一番効果を出しているのが「正直カード(オネストカード)」と言われるカードだ。
このカードには、これまでの常識を覆す情報が書かれていた。

1207953431.jpg

簡単に言ってしまえば
「この商品、安いですが、あんまり美味しくないですよ!」と言っている。

ここまで表現していると、それを買ってから文句を言う人も少ないだろう。
最初から「あまりうまくないです」って言っているんだから。

みんな、【騙されたくない】と思っている。

だから

出来る事はできるけど、出来ないことは出来ない!!

と、表現する事が必要になっていますよね・・・


あー今日もブログを書くのに1時間もかかってしまった
最近どうも時間がかかりすぎている

右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングに登録しました。
面白かったら下の赤いバナーを『ポチッ』と押してやってください。







前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://taigee.blog32.fc2.com/tb.php/294-050cb187