FC2ブログ

年末ですよ! 金を借りなくちゃ!

カテゴリー: 資金繰りが悪化した時の気持の持ちよう

金融機関の貸し渋りについての話をよく聞く。

DSC00341.jpg

皆、お金を貸さなくなった金融機関が悪いくらいに思っている。

わしが思うに、こういう機会はちょうどいい時期なので

もうお金を借りずに経営していく

事を考えてもいいんじゃないんか!

金を借りんとやって行けん経営をしているから悩んでしまう。


じゃもっと原点に帰って、なんで金を借りんといけんのんか?考えてみる。

普通、冷静に考えれば

ある事業を始める時、どうしてもその商品を仕入れないと
商売の土俵に上がれないから、その商品を仕入れるために
金融機関からお金を借りて、その商品を買って
そこにレッバレッジをかけて、借りたお金以上の物にするのが理想。

もっと簡単に言えば、1000万借入して購入した商品に
自社のエッセンスを注入して、1500万円で販売して
借り入れした1000万を返済したら、500万儲けました。

単純に考えて、これが基本でしょ!

でも、上記のように新聞紙面をにぎわしているのは
皆こんな上等な企業じゃないんです!!

借りたお金にレバレッジをかけて、儲けを生み出すんじゃなく

補てん

この一言に尽きます。

どの企業も人件費や、業者への支払、税金、リース代、銀行返済・・・・

不の産物の穴を埋めるために、またお金を借りるんです。

アホな話で、銀行の返済をするために、また銀行から借入をする・・・

冷静に考えると、バカな話ですよ。
しかも安い金利で借りたお金の返済を、高い金利で借りてきたお金で返済する・・・

何を考えとるん!?

まー皆わかっとるとは思うけど
不の産物を処理するための借入なんて、むなしいだけよ。

例えば、今日(12/11)銀行から借入が実行されたとしましょう。
今か、今かと待ち望んで通帳記帳をしたら
そこには、9,9・・,・・・円
保証料とか、事務手数料とかで1000万を多少切った金額が入金される。

何とか年内に借入する事が出来た時に、ちょっとホッとする。
これで、色々な業者からの取立て電話におびえなくてすむ!



そして、借入実行する前に支払の約束をしていた業者への支払をする。

 あれ????

さっき1000万近くあった通帳残高が、もう500万近くになっている??

入金になって1時間も経たない間に、わが社の通帳から消え去った・・・



年末も近づくと「年内入金をお願いします」という取引先が増える。

そこで、本当に金が無いんだったら謝るしかないが、今のうちの会社は違う!!
通帳には、まだ500万円近く金がある。

本来、支払をしないといけない金だから、払わないといけない。
年末まで2週間チョット。

A社にも払って、B社にも払って、C社には全額までは払えないけど一部払って。

そして最後の最後、年内最後の従業員の給料払った・・・・



----------------------------------



通帳残高  23,476円

1000万も借入したのに、わが社にいたのは2週間チョットjumee☆faceA118

そして、お寒い正月を迎えるのでした・・・

しかしこの話、この年末で終わらないのです。

           ↓
           ↓
           ↓
           ↓
           ↓
           ↓
           ↓
           ↓
明るい新年 2009年の幕開けです富士山

年末に借りた、2週間しか手元になかった

1000万円の返済が始まるのです・・・

大きな借入までして、何が出来たかというと
色々な取引先や、業者、金融機関、従業員に
支払をして、一時的に良い顔が出来た!だけ・・・

ご愁傷様です。



ブログランキングに登録しました。
面白かったら下の赤いバナーを
『ポチッ』と押してやってください。


前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://taigee.blog32.fc2.com/tb.php/253-b9d68f2b