FC2ブログ

多重債務の対処法 その2

カテゴリー: 資金繰りが悪化した時の気持の持ちよう

昨日の続き・・・


必要条件を満たしていないと

『29.2%という金利での貸付は認めれません 』

という事になるんです。

だから、弁護士や司法書士さんに頼まんでも

絶対に勝てるんです。

じゃ、なんで! 絶対に勝てる勝負を、なんで皆やらないか???

それは、

  ★勉強をしていないから・・・・
  ★裁判なんて、どこか怖い・・・・
  ★怖いお兄さんが電話に出てきて、オラオラ言ってくる・・・


まー色々理由はあると思うのですが


【よく分からないから、専門家に任そう】なのです。


最近の弁護士も、この手の相談は『相談料無料』が多くなっていますし
着手金も要りません。と言うところもあります。 
この様な業者が多くなっていますから
多重債務者が、頼みやすくなっているんですね。 


わしがこのサラ金と真っ向勝負したのは平成14年です。
今でこそ、【利息制限法】や【過払い返還訴訟】などよく聞くようになったし
実際、サラ金業者が裁判で負けて、多額の過払い金を返還したなんて
ニュースをよく耳にするようになりましたが
平成14年のころは、まだまだサラ金業者が強気な時代です。

「借りたもんは返すのが常識でしょ? えっつ!191 板坂さん!!」

みたいな事を平気で言ってた時代ですよ。


まーとにかくサラ金業者の電話をしてくる奴は、生意気じゃッたですわ
別にヤクザでもあるまいし、武○士とかアイ○ルとかレ○クとかの
普通のしがないサラリーマンですよ。


求人情報見て、面接受けて入社しただろう普通のサラリーマンが
「えっつ!191 板坂さん!!」って偉そうに言やがるんですよ。

このくそサラリーマンが、電話じゃけ思って偉そうに言いやがるけ
あの当時はその偉そうにいった奴が居る支店まで行って
「面と向かってもう1回同じこと言うてみいや!」ってな感じでよくいじめました。

全額返す金なんかないんで、重箱の隅をつつくように
サラ金業者の全ての対応に噛み付いていましたね。

あの当時の思い出話は、書いていたらかなりの超大作になるので
今日は控えますが、ご希望であればお教えしますよ。

だから、ちょっと勉強して自分で戦う事をオススメします。

自分で戦うメリットは・・・

 

また明日。




ブログランキングに登録しました。
面白かったら『ポチッ』と押してやってください。

前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://taigee.blog32.fc2.com/tb.php/175-1453c766