FC2ブログ

死ぬ時にこう言えたら、幸せだろう・・・

カテゴリー: 日々の中にある復活のヒント

vol.512

昨日、自殺に関するディープな問題を取り上げた!

さすがに、11年連続3万人を越える自殺者という事もあってか
反響が多かった。


中にはこんな、広島弁丸出しのコメントを送ってくれた人もいる。


人間、生まれてきた以上、いつかは死ぬのは必然

周りのぼんくらの意見に振り回され苦しんだり
人に理解されずたった一人で孤独な気持ちになったり
そんな事があったからこそ

どーせ死ぬんなら、クソバカタレに食ってかかって行ってやる

そう思っていた時期があった。

しかし今思うと、それすら小さいことよのーと思えるようになってきました。


勇気を出して本音を、出来るだけ伝えて生きていったら
味方や仲間って出来て来るもんよのー  不思議よのー

ほんまいろんな奴がこの世の中にはおるのーと気づき出し
色々物事を考えて生きている人や
人への配慮を考えている人とか
或いはその逆であったりであるとか

人間誰しもすべての事を知っているやつはおらんし、俺も知らん


だからこそ、その事については
天下一品と思えるやつに頼んだり、出会ったり、話をしたり出来る
可能性のある中小企業の経営者ってえーもんよのー 天職よのーと
今思っています。


これからも降って湧くように無理難題が降りかかって来る事でしょうよ!

じゃがそれすら仲間と話して出来りゃやろうし
出来にゃせんんそれだけのことよっ。

人が何言おうが、いずれ死ぬ時に

『自分の人生に、勝負したよのーと自負出来る生き方しよっと!!



なかなかここまでの広島弁を使いこなす人も少なくなっているけど

沖原さん! 長文を、ありがとう


昨日は『自殺予防週間』の始まりと言う事もあって
テレビ各局で色々な企画をされていた。

その中で

仕事がなく、色々と転々としたが金もないから借金して
その内体も壊して、鬱になり、アルコール依存になって

でも、家族はオレが食わせないといけない
という使命感は持ち続け

最後は焼身自殺で保険金をそれに当てた・・・


自分の命と引き換えに、自己責任を取った感じはするけど

ホンマにそれで残された人間は幸せなんじゃろうか?


この人は、さも仕事で給料をもらったかのように
サラ金で借入して、家に金を入れていたらしい。


そんな事したって、借金で養えるのは一瞬のこと!



なんとも悲しいストーリーだけど
みんな追い込まれると、通常考えないような行動をするんだろう。


こういう人を総称して思うのは、みんな



・責任感が強い

・全てを自分に溜め込む

・弱音を吐かない

・周りに気を使う



こんな感じの人が多いように思う!



人間なんて、そんなに強くない!



よくよく考えると

こういう人と、わしとの決定的な違いは



・責任感が強い

 ⇒わしも責任感は強いが、今の現状で『ダメな物はダメ!』『出来ない事は出来ない!』
   と考える。でも、ずっと出来ないんじゃなく必ず出来るようにすると
   周りに公言して、後戻り出来なくさせて自分にプレッシャーをかける。



・全てを自分に溜め込む

 ⇒まったくない。どんなに恥じな事でもしゃべりまくる。
   その自虐ネタが笑いを誘う。
   どんなに苦痛な悩みでも、恥ずかしがらずどんどんしゃべる。
   それを聞いている人がどう思おうと関係ない!
   しゃべって自分の思考を整理する。



・弱音を吐かない

 ⇒都合よく弱音を吐く。
   わしのキャラクター自体が『強い』『威圧感がある』のようなとられ方をされるが
   余りにも弱音を吐かないキャラが定着してしまうと
   そのキャラクターを、24時間演じないといけなくなるから
   『強気』+『強気』そしてたまに『弱気』を織り交ぜる。
   そのほうが、人間っぽかったりする。



・周りに気を使う

 ⇒コレはわしも、かなり気を使っている。
   でも、相手に対して遠慮はしない。
   言いたい事は言うし、やりたい事はやる!
   でも、見えない所でのフォローは欠かさないようにしている。



こんな感じかな~

 

生き方に正解はないけど

前出の沖原さんじゃないけど



『人が何言おうが、いずれ死ぬ時に

 自分の人生に、勝負したよのーと自負出来る生き方』



最後に良かったと言える人生が全う出来れば
金があろうが無かろうが、そんな事はあんまり関係ない!


だからわしは、常に貧乏なのかも・・・


ほんじゃまた


右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングでNo.1を取りたいので、ご協力ください。
下のバナーを『ポチッ』と押してやってください。

人気ブログランキングへ    blogram投票ボタン

スポンサーサイト



| ホーム |