FC2ブログ

総合商社より、一点集中商店であるべき理由

カテゴリー: 未分類

vol.467

総合商社よりも

一点集中商店のほうが、人を感動させる。



先日、DVDで『おくりびと』を見た。

色々と話題の作品だけあって

笑いあり、涙ありの面白い映画だった。

4431dc37.jpg

わしも3年前にお袋が死んで

見ていると、その時のことが走馬灯のように蘇ってきた。



実際にこの『納棺師』という人を見た事がないので

実際に仕事ぶりを生で見ると

もっと、感じ方が違うのかもしれないが



本当にこんな仕事ぶりを

自分の肉親の死でやられると

自然と「有難うございました。」と頭を下げるじゃろう。



この映画は、今さら説明することも無いけど

 

わしが一番感じたのは

一番最後に、主役のモックンの父親が亡くなった時

普通の葬儀屋が出てきて

『効率』で仕事をしようとするシーンがある。



「さっさと終わらしましょう」的な仕事ぶりに

納棺師であるモックンが、その葬儀屋たちの手を振りほどいて

自分の手で、あの世に旅立たす!



こんなシーンなんですが・・・  詳しくは見てね。

 




葬儀の一部始終をこなしてしまう、葬儀屋さん。



今や葬儀業界も、沢山の大手が参入してきて

確かに、何から何までやってくれるので、便利かもしれないが

 



そこに“心”は感じない!!


そんな大手の仕事は葬儀業界の『ビックガリバー』



先日も、このことに関しては書きましたが → こちら



モックン演じる“納棺師”は、葬儀の中でも

故人があの世へ旅立つ身支度をするという

葬儀全体の中でも、凄く狭いニッチなお仕事!

 

ただ、ニッチであるがゆえに、奥行きがある!



その奥行ゆかな仕事ぶりに

期待以上の感動があるから、心に残る。


ビックガリバーの仕事は


利用者からすると、便利で安心だけど



そこには、期待を裏切る“心”を感じないことがよくある。

 




だから、わしらのような小さなところは

ビックガリバーが出来ない、ニッチで、」得意なことに絞り込んで



利用者の

 

『期待値を裏切る、心に残ること』を追求した


スモールガリバーになりたいね!

 

まー見てみて!

 

この感覚が、たぶん分かると思うけ・・・

 

ほんじゃまた


右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングでNo.1を取りたいので、ご協力ください。
下のバナーを『ポチッ』と押してやってください。

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト



| ホーム |