FC2ブログ

泥棒の気持は泥棒しか分からない!

カテゴリー: 大きく復活するため講座。

123-1.jpg
オモロイ記事を見つけた。

俗に言うリサーチ調査だ。

仕掛け側では絶対に気づく事のなかったことを
お客様に色々と教えてもらうという手法だ。

この記事で言えば

クライアントは、万引きをされる小売店

そのお客さんは、窃盗犯

その間に入って調査する警視庁は、コンサル会社みたいなもんでしょうか・・・


警視庁は、万引きで逮捕した容疑者を対象に

『盗みの動機』や『計画性の有無』などについて

意識調査するようだ。

項目で言えば

 ●なぜその店を選んだのか?

 ●どうすれば万引きを断念したか?

 ●万引きは犯罪と教えられたか?

地道な作業だろうけど、こういう作業が
顧客満足度の向上につながるんだろう。


先日もわしのクライアントの車屋さんと話をしていたが
余りにもわしが、色々な案を言うもんだから

「そんな発想は社内では絶対に出ないし
 同業者と話していても絶対に出ない話ですね!」

と、変人を見るかのような目でわしを見ていた。

そのとき、そのクライアントさんにも言った事なんじゃけど

「今わしが話したことが全てじゃなくて


  わしが話したことを『切り口』として捉えて


   その切り口と、御社の経験をミックスさせて


    新しいものを作り上げんといけんよ!」

 


お客さんに色々聞くと、お客さん都合で色んなことを言ってくれる。

それを全て可能にしていたら、会社はやれんと思うけど
必ずその中には、斬新な切り口が潜んでいる事が多い。

その斬新な切り口が今までに無かった発想だから
その発想と今までの経験値とをうまく融合する事が出来れば
他社が手をつけていない

「うわぁー そう来たか!?」

と、同業者の鼻を明かす事が出来ると思う。


しかし!!

それが出来るのも、基本はリサーチリサーチリサーチ!!

これに尽きる。

中の良いお客さん1、2人に聞いてもダメよ!

警視庁でも2000人にリサーチするんじゃけ。

ほんじゃまた



右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングでNo.1を取りたいので、ご協力ください。
下のバナーを『ポチッ』と押してやってください。

人気ブログランキングへ  

スポンサーサイト



| ホーム |