FC2ブログ

業界の常識は、傍から見れば非常識

カテゴリー: 大きく復活するため講座。

vol.286

お正月もあっという間に過ぎ、2月になったら
わしの42回目の誕生日ケーキとバレンタインデー。

まー2月は、ビックイベントが目白押し・・・


そこで、最近のバレンタイン事情が『ビジネタ』で紹介されていた。

各お菓子メーカーはどうやら今年、『逆チョコ』なるものをアピールしているようです。
逆チョコとは、バレンタインデーに男性が女性にチョコをプレゼントするというもの。

森永製菓が20~30代の男女を対象におこなった
「女と男のバレンタイン意識調査」によると
9割以上の女性が男性からチョコをもらいたいと回答したんだって。

また、男性に贈るだけでなく、自分用の「Myチョコ」を
買うという女性も6割近くいたということで
今年から逆チョコも定番にしていこうということみたいよ!!

各メーカーとしては、景気が低迷する中
バレンタインデーの新たなスタイルを提案することで
消費を拡大しようという狙いがあるみたい。

森永製菓では通常のパッケージを反転させたデザインのチョコを発売したり
デパートでも希少な限定チョコや珍しい味のチョコなどを売り出し
この流れに乗ろうとしているみたい。

たしかに、チョコが嫌いな男性はあまりいないけれど
それ以上にチョコが好きな女性のほうが多いだろうから
これは定着すればかなりおもしろい試みになりそうだね…

ただ、2009年のバレンタインデーは土曜日で会社が休みなんで
義理チョコを渡す必要がないから
その分売上も減るだろうって予想されているみたいよ。

この記事を読んで一番思ったのは
もともとバレンタインデーにチョコを送るのは
日本で始まった事で、神戸モロゾフ洋菓子店が1936年2月12日に
国内英字雑誌に「バレンタインチョコレート」の広告を出し
1958年2月に伊勢丹新宿本店でメリーチョコレートカムパニーが
「バレンタインセール」というキャンペーンを行った。 ということ・・・

伊勢丹がキャンペーンをやってから、もう51年も経過している。

51年も年月が経てば、男女の関係も変わってきている。
51年前に、デートの時女の子のかばんを大切そうに持つ男の子なんて
考えられなかったと思う。

と言う事は、昔の常識が、今では非常識と言う事が
どの業界にもあることだろうと思う。

わしらガキの時には、『飲み水は水道から出るもの』だったが
今のガキに言わせれば、『飲み水は、スーパーで買うもの!』だって。

今まで何の疑問も持たなかった、その業界の常識的なことを
まったく逆の目線で見てみたら、意外なビックチャンスが眠っているかも!!

さー!! すぐに行動!!
まずは、自社の置かれている業界の【常識】を紙にドンドン書き出そう。


じゃ、頑張ってね。

 


最後に質問です!



右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングでNo.1を取りたいので、ご協力ください。
下のバナーを『ポチッ』と押してやってください。

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト



| ホーム |