FC2ブログ

衝撃的な本 その②

カテゴリー: この本、えかったよ!

vol.280

今日は免許の更新に行っていたので、遅くなりました。
最近は免許書にICチップが入っているんだって!
偽造防止らいいよ。


昨日の続き・・・

なんか読み始めは、ガネーシャのパクリ?って感じでしたが
久々にやられたって感じですね・・・


この喜多川泰という作家、基本学習塾の経営者みたいですね。
僕のクライアントにも学習塾の経営者がいますが
この『先生』と呼ばれる職業に就いている人って
基本的に世の中からずれている人が多いんですが

この作者はビジネスの真髄をついてきますね!!

「いつの間にか自分だけの都合で物を売ろうとしたり
 サービスをしようとしたりするようになってしまう。
 そしてそれが一生懸命仕事をしている事だと勘違いしてしまう」

「本屋は手段であって生きる目的ではない。
 本屋という職業を通じて自分に何が出来るか考えた事があるか?」

「その店に訪れる人の人生に興味を持ち、自らの家族に接するように
 愛情を持って話しかける。自分が儲けるためでなく、その人を幸せにするために
 自分に出来るベストを尽くそう」

バンバンビシビシ 胸に突き刺さってくる言葉ばかりでした。

人を動かすには【感動】しかない! と書かれていますが
最近読んだ、福島正伸さんの「リーダーになる人のたった1つの習慣」にも
「人を変えたければ、その人を感動させればいい」と書いてありました。

 

人は感じたら動く=「感動」

 そして感動は伝染する・・・・


Mさん
本当にありがとうございました。

今まで自分で読んだ本を、人に貸した事はあっても
プレゼントまでした事は無かったです。
心のどっかで

「本ぐらいは自分で買って読んではじめて意味がある!!」

くらいに思っていました。
そこには、ちっぽけな損得勘定があるのでしょう!!



お金は自分為ではなく「人を喜ばせる為に使う」と
お金も喜んで友達を連れて帰って来てくれるそうです。


そんな些細な事にも気づかせてくれたMさんとこの本に感謝します。

有難うございました。


右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングに登録しました。
面白かったら下の赤いバナーを『ポチッ』と押してやってください。





スポンサーサイト



| ホーム |