FC2ブログ

地頭力を鍛える

カテゴリー: この本、えかったよ!

この著者の講演を聞いた。
元々コンサルタント会社で勤めている、言えばサラーリーマンの人だ。

その細谷さんがどうやって出版にこぎつけて
どうゆう風に、出版まで流れたかを
本人曰く、何処でも喋っていない
そして何処でも見せていない当時の資料も
大公開して喋ってくれた。

非常に面白く聞かせてもらった。

なんか本を書いている人なんて
芸能人でも見るかのようなそんな感じだするけど
細谷さんには失礼かもしれないけど
ホント 何処にでも居そうな普通の人だった。

同僚と居酒屋で「本でも書いてみるか!」という話になり
そこから企画書を作って、編集者を紹介してもらい
企画書を見てもらって、「じゃ、やりましょう!」となったらしい。

その居酒屋で話した、いわんや『酒の入った話』を
すぐに行動に移せるところが凄い!!

そしてその編集者に送った企画書を
当時のまま見せてくれたけど
本業がコンサルタントと言う事もあって
完成度が高すぎる!!

すでにここで凡人ではないんだろう・・・

そして話がトントン拍子に進んで、発売当日。

気になって実際に本屋に足を運んだらしい。
運よく本屋には、新刊コーナーに平積みしてあったらしい。

細谷さんはその平積みコーナーの横のほうから
横目でずっと見ていた。

そして記念すべき第1号が自分の本を手にとってレジに行ったらしい。

「この時ばかりは、その人をギュッと抱きしめたかった」
と、照れながら話してくれた

わしも自分でデザインして作った靴を
松山行きのフェリーの中で履いている人を見たとき
細谷さんと同じで、ギュッと抱き締めたかったのを覚えている。

その後細谷さんと懇親会でもご一緒させてもらったけど
やっぱり一緒に飲んでも、普通のサラリーマンにしか見えない。

でも、色々話を聞かせてもらうと

『よく勉強をされている!!』

これが実感!

年間200冊は、本を読んでいるらしい。
本業もあるので、朝4時には起きて自分の時間を作っている!!

やっぱ、本を書くような人はやる事が凄すぎる!!


まーこんな話を聞いて、感心するだけのわしじゃない!!

「わしも年間200冊読むぞ!!」とモチベーションが上がっていたので
新宿の紀伊国屋に寄って、4冊も本を買い
新幹線の中で2冊くらい読破する予定が
横浜あたりで眠くなってしまい、気が付いたら大阪でした

ほんま、わしは活字という催眠術にいつも負けてしまう・・・ トホホ


ブログランキングに登録しました。
面白かったら下の赤いバナーを
『ポチッ』と押してやってください。






スポンサーサイト



| ホーム |