FC2ブログ

スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

後回しする経営者

カテゴリー: 大きく復活するため講座。

vol.288


ここ最近、このブログに対してコメントが増えてきた。

ありがたいことです。


その中で

「いい事なので、すぐにやって見ます!」

こういうコメントをしてくれる、経営者がいます。


セミナーなどを聞きに言っても
講師の人がよく言っています。

「今日ここに来てくれた人の中で、90%の人が何もしませんから・・・」



昔読んだ本にも、こう書いてあった。

「たかだか1000円~1500円くらいの本から
 100を知ろうとするのが間違っている。
 1が知れて、それを行動に移す事が出来た時に元以上が取れる」

こんな感じの事が書いてあった。


わしは

『せっかく1500円も出したんだから、隅から隅まで読んで吸収しよう』

こういう感覚で読んでいたので


このフレーズに出会ったとき【わしの事じゃ!!】と恥ずかしかった・・・


でも、今は思う。

行動したもん勝ち!!

行動して、失敗しても
それはそれで、経験の蓄積になる!!

次回の試みの時に、その失敗をステップにすれば良い。


でも、何も動かない人は
この『失敗ステップ』も踏めない。


色んなセミナーに行って
一生懸命にノートをとっている社長さん!!



あんた、そのノート、いつ見返しとるん???



ノートをとってたら、一番大事な話を聞き逃すじゃろ

ノートをとらんと忘れてしまうような言葉なら
あんまり心に響いてないと言う事!



そういう言葉では、動けれんよね!


10,000円のセミナーでも 、グット心に落ちてくるフレーズが1個あれば


それを持ち帰って、すぐに行動!!


そして、失敗!


そしてまた行動!

 



これが大事かな・・・


右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングでNo.1を取りたいので、ご協力ください。
下のバナーを『ポチッ』と押してやってください。

人気ブログランキングへ  

スポンサーサイト

クソ食らえ!連帯保証人

カテゴリー: 大きく復活するため講座。

vol.287

先日、ポストに面白いものが投函されていた。

DSC00413.jpg

民主党が保証人制度の廃止を公約に掲げているらしく
この署名運動をしていますという書類が、ポスティングされていた。

わしもこの保証人制度というもの自体
無くなれば良いと思っている一人なんですが

こんな感じで、無差別にポスティングされてあると
この用紙自体、怪しそうに見えてきますよね・・・

なんか下手に署名でもすると
ヤミ金への顧客名簿に使われたりするんじゃないか???

マーケティングが間違っているようです。

そういえば、ヤミ金への【顧客名簿】って表現はおかしいですね!
顧客の『顧』の字は『かえりみる』でした・・・

よって、ヤミ金には客を顧みることなんてまったく必要ない事でした

 

でも、この署名活動が本当だったら
この日本から保証人制度というものが無くなるかもしれんね。

この保証人制度って、基本が間違っとる。

銀行が企業に融資をするときに
銀行の判断だけではジャッジできないので
【いざという時】の為に、保証人という人質を取っている。

アメリカとかでは、この保証人制度って無いらしい。
せいぜい身元保証のようなもの程度しかない。

アメリカは民主主義=自己責任が徹底された社会なので
貸し手の審査能力が厳しく問われるし
貸し手が借り手を不幸にさせるようなアンフェアな契約を
締結させることも許されないし
ましてや第三者に債務を無条件に連帯保証させるなんてことは
道義的に考えられない国なのだ。

こうやって見ると、日本の銀行がいかにバカか

 
借り手が潰れても、その保証人から・・・
そして更には、保証協会という安全機構からも保証してもらって・・・

借り手やその周りが潰れようとも
わが銀行だけは、2重、3重のバリアをはって守っている。

そもそも借主だって、出来る事なら保証人なんか頼みたくない。
自分が借りて、自分が失敗したなら
自分のケツぐらい、自分で拭く覚悟はある。

しかし日本の金融機関は、借主の覚悟なんてどっちに向いていてもお構いなし!!
貸主の身の安全だけしか考えていない!!

だから、日本の経済は新陳代謝が出来ない。

アメリカのように、スクラップアンドビルドが出来ない。

日本では、1度失敗したら悪人のような思われ方をするが
アメリカでは、1度失敗しても再度チャレンジをする人を
『バイタリティーのある人』という見方をしてくれる。

この保証人制度は、本当に無くなれば良い。
保証人を頼む方も、なる方も、断る方も、みんな辛い事。

まー逆目線で見ると、銀行の言いなりになって
金を借りるために、保証人探しをする借主もアホじゃけど・・・

金融機関から、金を借りる事しか考えていない!



そして、やっと見つけた保証人。
その人が、1000万の借入の保証人になっても

その保証人に 、配当金が出るわけでもない。

1000万もの保証をしているのに、借りる時だけちやほやされて
ダメになったら、借主と同じくらい追い込まれて・・・ 最悪

保証人なんかになったら、たまったもんじゃない!

どうせするんなら、1000万もっているお金持ちに
事業の可能性を説明して、投資してもらったほうが
フィフティーフィフティーな関係が作れる。

途中、色々と口出しされるかもしれないけど・・・


頭下げて保証人を頼むのも、口出しする投資家に頭下げるのも
どっちもしたくないんなら

自分1人の力だけで、金も借入しなくても出来る方法を見つけるしかない。

これが、一番のオススメ方法じゃね。


右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングでNo.1を取りたいので、ご協力ください。
下のバナーを『ポチッ』と押してやってください。

人気ブログランキングへ  

業界の常識は、傍から見れば非常識

カテゴリー: 大きく復活するため講座。

vol.286

お正月もあっという間に過ぎ、2月になったら
わしの42回目の誕生日ケーキとバレンタインデー。

まー2月は、ビックイベントが目白押し・・・


そこで、最近のバレンタイン事情が『ビジネタ』で紹介されていた。

各お菓子メーカーはどうやら今年、『逆チョコ』なるものをアピールしているようです。
逆チョコとは、バレンタインデーに男性が女性にチョコをプレゼントするというもの。

森永製菓が20~30代の男女を対象におこなった
「女と男のバレンタイン意識調査」によると
9割以上の女性が男性からチョコをもらいたいと回答したんだって。

また、男性に贈るだけでなく、自分用の「Myチョコ」を
買うという女性も6割近くいたということで
今年から逆チョコも定番にしていこうということみたいよ!!

各メーカーとしては、景気が低迷する中
バレンタインデーの新たなスタイルを提案することで
消費を拡大しようという狙いがあるみたい。

森永製菓では通常のパッケージを反転させたデザインのチョコを発売したり
デパートでも希少な限定チョコや珍しい味のチョコなどを売り出し
この流れに乗ろうとしているみたい。

たしかに、チョコが嫌いな男性はあまりいないけれど
それ以上にチョコが好きな女性のほうが多いだろうから
これは定着すればかなりおもしろい試みになりそうだね…

ただ、2009年のバレンタインデーは土曜日で会社が休みなんで
義理チョコを渡す必要がないから
その分売上も減るだろうって予想されているみたいよ。

この記事を読んで一番思ったのは
もともとバレンタインデーにチョコを送るのは
日本で始まった事で、神戸モロゾフ洋菓子店が1936年2月12日に
国内英字雑誌に「バレンタインチョコレート」の広告を出し
1958年2月に伊勢丹新宿本店でメリーチョコレートカムパニーが
「バレンタインセール」というキャンペーンを行った。 ということ・・・

伊勢丹がキャンペーンをやってから、もう51年も経過している。

51年も年月が経てば、男女の関係も変わってきている。
51年前に、デートの時女の子のかばんを大切そうに持つ男の子なんて
考えられなかったと思う。

と言う事は、昔の常識が、今では非常識と言う事が
どの業界にもあることだろうと思う。

わしらガキの時には、『飲み水は水道から出るもの』だったが
今のガキに言わせれば、『飲み水は、スーパーで買うもの!』だって。

今まで何の疑問も持たなかった、その業界の常識的なことを
まったく逆の目線で見てみたら、意外なビックチャンスが眠っているかも!!

さー!! すぐに行動!!
まずは、自社の置かれている業界の【常識】を紙にドンドン書き出そう。


じゃ、頑張ってね。

 


最後に質問です!



右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングでNo.1を取りたいので、ご協力ください。
下のバナーを『ポチッ』と押してやってください。

人気ブログランキングへ  

いつも気にかける客

カテゴリー: 日々の中にある復活のヒント

vol.285

先日、恥ずかしい事だけど

【顧客】の“顧”の読み方を知った。

みんなは、なんて読むか知っていますか?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



知らんのは  やっぱり、わしだけ??



“顧”・・・・・かえりみる


Yahoo!辞書によると

1 振り返って見ること。

  
2 過去を振り返ること。

  
3 気に掛けること。懸念すること。

  
4 後ろだてになって世話をすること。情けをかけること。うしろみ。

  
こう書いてあった。





うーーーーーーーーーーーーーーーーん



やっぱり、日本語って言霊があるよね!

みんなが良く口にする【顧客】という言葉にも
深い意味があるんだね・・・


一度あなたのファンになってくれた、俗に言う【顧客】には 直訳的に見ても

振り返って、いつも気にかけて、情けをかけて世話をしなくいちゃいけない客

と言う事になる。



やっぱり、わしがいつも口すっぱく言っている

【今いるお客様を大切に、そしてその人達と身内的関係を作る】

と言う事は、言霊的にも間違っていないんです!!


これが本当の【顧客】なんですね・・・

ここで、皆さんへお聞きします!!




右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングに登録しました。
面白かったら下の赤いバナーを『ポチッ』と押してやってください。



過酷な窮地の方程式

カテゴリー: 大きく復活するため講座。

vol.284

昨日

『チャンスはピンチにならないとやって来ない!!』と書いたけど

みんなも今まで生きてきて、本気で物を考えたって事どの位あるんだろう?

今日の仕事は
■見積書を書く
■お客様のところへ納品に行く
■営業の電話をする

基本的に、1日の仕事の中で【作業】と言われる物に費やす時間が多い。


・見積書を書いたり、・納品に行ったり・・・
身体を動かして、頭を動かさない仕事が一番充実する。

なんか、今日はよく仕事をした!   気がする・・・

本当は、頭に汗をかいて仕事をしないといけない。

わかっちゃいるけど、頭に汗をかく仕事は、取り掛かりにくいし
なかなか集中する事ができない。

だから、先送りしてしまう事が多い。


会社の経営者で、現状の仕事に行詰っている時は
無理やり営業強化をして、むやみやたらに売りまくってもダメだ!

 

金を追ってやった仕事に、いい成果なんか出てこない!



こういう時は、経営が行詰った本当の理由を考え
うまく行く仕組みつくりを考えるほうが先だ!

でも、 【考える仕事は】 なかなか取り掛かれないし、はかどらない。

頭を使う事は、身体を動かす事の5倍疲れるらしい。

この前、マージャンを24時間やったという人と話をしたら

「24時間もマージャンやって、疲れて帰ってやっと布団に入った時
 即効で寝れると思ったら、まぶたの裏にパイが並ぶんよ
 頭の中で、ホンイツとかチートイとか出てきて、なかなか寝れんのんよ

これ、24時間ずっと工場で作業していたら
きっとこんな事にはなっていないと思う。
家に帰ってきたら、何も考えずにバタンキューだろう。

でも、頭を使っていると、身体は寝たくても
頭という、スーパーコンピューターの電源が落ちるまでには
時間がかかるみたいだ。


話が横に大きくそれたけど
頭を使う事って言うのは、スタートしてしまえば以外に集中して出来たりするけど
スタートラインに立つこと自体が、なかなか出来ない。

だから!!

ピンチという窮地に追い込まれる事って言うのは、ありがたい事なのだ!
過酷な窮地に追い込まれるから、本気になれる!

こちらが本気になれば、頭というスーパーコンピューターは
想像もしていなかった、凄い答えを導き出してくれる事が多々ある。

でも、このスーパーコンピューターは
操作する側が中途半端な気持では答えてくれないようだ。

【本気】にならないと、答えが出ない。


【過酷な窮地】に追い込まれるから、【本気】になれる!



だから、ピンチになる事大歓迎だ!!

ピンチになる→本気になる→凄い答えが出てくる

人生の方程式じゃね。

 

右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングに登録しました。
面白かったら下の赤いバナーを『ポチッ』と押してやってください。



ピンチはチャンス! これって間違っていませんか?

カテゴリー: 大きく復活するため講座。

vol.283

【ピンチはチャンス!】

最近良く耳にする言葉です。

一般的に使われるのは
『100年に一度の大不況と世間では言われていますが
 みんな下を向かず、こんな時こそチャンスがある!!
 こんな心積もりで頑張っていきましょう!!』

こんな感じの、大枠な表現のように思えます。

先日も友人から誘われて飯を食ったんですが
その友人も2008年は、取引先が倒産したりと大変だったんですが
話の最後は『ピンチはチャンス!』ってよく言っていました。

それが今年に入って、またまた大口取引先が不渡りを出したようで・・・
一緒に飯を食っていても、良くため息をつくんです。

「はぁ~」「ふぁ~」「まじで、ヤバイ!」

このセリフを、さて何回言ったでしょう??
クイズ問題になるくらい、言っていました。

その彼が、今までは話の最後には言っていた

『でも! ピンチはチャンスよ!』

今日は、その言葉も出てきません。

話していても、『マイナス』の事しか出てきません。

その彼が、わしに電話をしてきて飯でも食おうというのは
●わしに渇を入れてもらいたいか
●自分より早く底を味わった奴と話をして、傷口を舐めてもらいたいか
このどちらかしかありません。

今回のこの彼を見ていて思いました!

『ピンチはチャンス!!』

みんな本当の意味が分かっていない!

これからはこの様に言いましょう!

『チャンスは、ピンチにならないとやって来ない!!』

『ピンチはチャンス』だと、本当にピンチを迎えていない人が
本気でチャンスととらえて前進できない。


世の中は不景気かもしれないけど、うちの会社はまだそこまで悪くない


こういう人の頭の中の思考は、まだまだ回転していない!

人間は窮地に追い込まれると、いい事も悪い事もドンドン浮かんでくる!
窮地に追い込まれるというピンチになるから、本気で『ない頭』で考える!

夏休みの宿題も、8月29日位になって初めて机に向かえる。
理想は、7月中に全て終わらせる事が出来れば、それが一番いい。
でも、人間そんなに強くない。

しかし、8月29・30・31日のこの3日間で、全てを終わらせる事ができるのも能力だ。

この一緒に飯を食った友人も、この夏休みの宿題で例えるならば
8月29日になって
「もうダメだ!こんなにいっぱい宿題があるのに、時間が無さ過ぎだ!
 もー出来ない!宿題やらずに新学期を迎えようか??」

こんな話をしているのと同じだ。

「宿題やらずに新学期を迎えようか??」
そんな気は、さらさらないくせに・・・


宿題もやらずに、堂々と新学期を迎えて
先生に怒られる勇気があるんなら、それも1つの選択肢だ!

でも、そんな勇気はない!


「はぁ~」「ふぁ~」「まじで、ヤバイ!」って言って
自分の会社を潰す気なんて、さらさらない!

ならば、マイナス発想を全て捨てて


『ピンチにならないとやって来ない、チャンスを掴める瞬間!!』


この時がやって来たと、感謝しないといけない。

夏休みの宿題を、残り3日間で絶対に出来ないと思っていた事も
31日には、見事全て終わらせれた自分がそこに居れば


【新たな自分の可能性や、新たな方向性が見えてくる】という
ピンチにならないと発見出来なかった副産物がお土産についてくる。

これを実感して欲しい。

 


右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングに登録しました。
面白かったら下の赤いバナーを『ポチッ』と押してやってください。



オバマvs麻生vsノッチ

カテゴリー: 日々の中にある復活のヒント

vol.282

ここ最近、文章が長く重たかったんで
今日は日曜日仕様で・・・

アメリカ合衆国はオバマさんの出現で大いに盛り上がっているようです。
就任式には200万人以上の人が
マイナス5℃という中で、見守っていたようです。

英語が分からないわしですら
オバマさんの演説には、引き込まれていくようでした。

それに引き換え、わが国のTOPは・・・

大事な国会で、漢字テストなんかされたりして・・・

お寒い限りです!

ここで皆さんに質問です!
アメリカ合衆国大統領の年収ってご存知ですか?

オバマ

この前『ミヤネ屋』でオバマさんの年収の話題をしていた。

なんと!
アメリカ合衆国大統領の年収って、4000万くらいらしいんです。
あれだけ広い国を治めて
あれだけテロリストに狙われて

4000万円って! 安い気がしますよね


それに比べて、わが国の漢字をあまり知らない総理大臣は
推定ですが、5000万くらい貰っているらしいです。

オバマが4000万で、麻生が5000万

麻生

皆さんは、この事実! どう思いますか?



ミヤネ屋でも、コメンテーターの北野誠が

「4000万って言えば、ノッチのほうが営業しまくってそれ以上稼いでるわ!」って

pfuln20081106006007001.jpg

確かに・・・

何の為に生きているの? あなたの使命は?

カテゴリー: 大きく復活するため講座。

vol.281

昨日お話しした『福に憑かれた男』の本を贈っていただいた
Mさん事=師岡さんからコメントを頂きました。


今日は内容が濃いでっせ!

__________________________

師岡です
ブログにまで紹介して頂き、本当に嬉しいです。
私の知り合いの方が数年前大阪の小さな会社を買収されました
「日本ポリグル」という会社です
この会社は、納豆菌を利用して泥水を真水に変える薬剤を大変安価で販売しています。
「ガイアの夜明け」でも2回も特集され2回目は昨年末の拡大版でした。
ここの社長は、「世界中の貧民地区には水道水が飲めず汚い河の水を毎日飲んで病気になる子供達が大勢いる」との理由からこの薬剤を考案され
「これで億万長者になれる!」と確信したそうです。
早速、カンボジアの貧民村に無償で浄水装置(ドラム缶の簡単なもの)を作り、村人に透明な水の安全性と美味しさを実感してもらいました。
村人はテレビ撮影とは関係なく喜びの表情で美味しそうに飲んでいました。
「さあ、みんなでこの薬剤を買って安全な毎日を送りましょう!」
社長は村々にPRして周りました。
しかし現実は大変厳しく、河の水を無料で毎日飲んでいる輩には
(テレビでもやってましたが)全く自費購入の意思が無いばかりか
蛇口が盗まれる等で、一年後には悲惨な状態でした。
「億万長者どころか会社が潰れる!」
社長は悩みぬいた挙句
「きれいごとでは人は動かない、何か自発的に動く動機付けが必要だ!」
と考えたのです。
そこで、ふたたびカンボジアの貧民街に出向き、
この薬剤と浄化装置を「現地人で起業したい人を なんと路上で募り」
貧民でも毎日買える価格で委託販売する現地ネットワークを作り上げました。
貧民から本気で抜け出したい人にビジネスチャンスを用意したのです!
起業を決意し登録した人は必死で設備が荒れないように守り、
毎日水を安価で売りまわります。
そしてこの会社は復活しました。
「いいもの出来た凄いから買え!」
「これでよくなるから買え!」
みたいなお仕着せの販売が、相手のためになると思っているうちはダメなんでしょうね。
僕も「この人が一番望んでいるものは何なのか?」を本気で考えて
家族感覚でニーズを提供出来る人間になりたいです。

________________________________

この師岡さん、平日の昼間はサラリーマンをされています。
そしてその業務が終わってからと、休みの日を利用して
起業されている、バイタリティーあふれる方ですが
サラリーマンとは思えない発言が多く、僕も感心するばかりです。

この『日本ポリグル』という会社をネットで調べてみたのですが
ここにも、またいい事が書いてありました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『ガイアの夜明け』放送時間中から、会社や私個人へ
様々なメッセージを多くの方々から頂きました。(中略)
 小学校3年生のお子さんをお持ちの親御さんは、お子さんに
「本当の英雄はこの会長のような人だ。」と話されたそうです。
私はこの話を聞いて、思わず声を出して泣きました。私はそんな立派な人間ではありません。
経営者としてもいろいろと未熟であり、お取引先にご迷惑ばかりかけています。
私の喜びは、蚊に食われながらでも、まともな食事ができない場所でも
私の技術を待ってくれている人たちに囲まれて働けることです。
そこで働き続けることができれば本望です。
貧しい国の人ほど優く、経営の難しさから一歩離れ
見知らぬ国で優しくされると救われた気がします。
公共事業への参入の難しさや様々な事情のために、当社は公的機関との取引が少ないです。
私自身もこれまで担当省庁や自治体の環境対策を痛烈に批判してきました。
それにもかかわらず、今回は公務員の方々からは特に多くの励ましと応援のメールを頂きました。
  「私たちの技術をより完璧なものにします。」
  「コストがかからず誰にでも取り扱える技術にします。」
  「文字が読めない人が使える技術にします。」
  「日本の誇りとなる技術にします。」
 私たちの目指す目標には終わりはありません。
若い社員や研究員と共に「世界中の人々が安心して生水を飲めるように」との目標に向かって
私も皆様の応援を受けてさらに勇気を出して励みます。

                           以上『日本ポリグル』ホームページより

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

わしも昔、尊敬するバイク屋の社長さんから

「お前、何の為に商売やっとるんや!?」と聞かれました。

「何の為って、儲けるためでしょ!!」と
当たり前のことをこのおっさんは聞くな~??と思いながら答えたら

「お前は一生かかっても、儲からんわ!!」

自分でもなんとなく分かっとった事を、他人にズバッと言われたので

こう言われた、場所もシチュエーションも空気感も鮮明に覚えています。



今思えばそこに、今の商売を通じて

『自分の使命を尽くして、何がしたいのか!』 が無かったのです。

企業で言えば『経営理念』って奴ですね!!

今はわしにもちゃんとした使命があります。
3つあるうちの1つが



『この世の中から、自殺者をなくす事!!』



この使命について書き始めると、かなり長くなるので今日は書きませんが
年間、3万人もの自殺者がいるんですよ!

3万人って言えば、ちょっとした街が1つなくなってしまう数ですよ!!

わしの周りでも、4人自殺した人がいます。
自殺した本人も辛かったのだろうが、葬儀に出たときいつも感じるのが
残された人の、やり場のない憤り!!

『死人に口なし』



中学校から高校。高校から大学。大学から社会人・・・

人間には人生のステップアップと同時に、毎回試験が用意されている。

その試験に合格するために、苦労をする。

そしてその苦労が報われる人と、そうでない人が出る。

でも、苦労が報われなかった(試験に落ちた)からダメなのではない!

「お前には一発で合格させるより、ちょっと遠回りさせたほうがもっと成長できる!!」
と、あなたに取りついた福の神がそのように仕向けている。

これくらい、フランクに前向きに考えて欲しい。

『こんな辛い闇からは抜け出せれない!自分だけがこんなに辛い思いをしている』
こんな、悲劇のヒロイン的考え方では生きていけない!

大体こんな考え方をする人に限って


周りの目を気にしている。


「こんな困難に直面してしまって、周りからどう見られているんだろう??」

「みんなに笑われてしまうくらいなら、死んだほうが良い!」

多重債務で死んでいく人も同じ事だ!

金融会社からの毎日のようにかかってくる取立て電話に、気持がやられてしまう。

それがイヤなら、弁護士に頼んで破産すれば良い。
弁護士に依頼したその日から、電話1本かかってこなくなる!

頭では分かっていても、『破産』という踏ん切りがなかなか出来ない。

なぜだろう・・・・

破産でもしたら、親兄弟、友達、会社の同僚・・・ みんなにどう思われるんだろう?
破産なんてしたら、ブラックリストに載って、ダメ人間のレッテル貼られて・・・

だいたい、たいした知識もないから【ブラックリスト】なんて架空の話をしてしまう。
なんかのドラマか映画で見たようなシーンを想像してしまう。



結局は、みんな世間体や見栄


心配しなさんな!!



みんな、あんたの事なんてそれほど興味は持ってないですから。


少しの間、面白おかしく酒の肴にして話をするくらいですから・・・
人のウワサも75日!! (昔の人はうまく言ったもんだ)

そう!たいして長い時間、うわさになんかされない。


飯島愛がナゾの死を遂げたけど、それだって一時はウワサになったけど
もう1ヶ月が過ぎようとしている・・・

75日ももっていない。芸能人ですら、そんなもんだ

素人のわしらの事なんて、誰もそんなに興味がない!

興味があるのは、女の事!男の子と!自分の生活費の事!家族の事!・・・
全て自分自身ことだけ!

そしてそのうわさ話を酒の肴にしてワイワイやってた奴にも、必ず試練が来る!!



そいつのように、後から大きい試練が来て、乗り越える体力がなくなるより

早くその試練を乗り越えて、早く大きな人間になっていたほうが良い!

 

人の困っている姿を見て、笑い話のネタにするような奴に、明るい未来はない!!

 

だから、大きな試練にぶち当たった時ほど

『本当の意味での友人』が良く見えてくる!

これって、ハッキリしているから、友達選別にはGOODタイミングよ! オススメ

 

っと、話が大きく脱線してしまいましたが
人として生まれてきた以上、使命を持って生きて行きたいですね!!!

今日はブチ長くなったけど

最後まで読んでくれた人に、感謝します。

 

ほんじゃまた明日・・・



右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングに登録しました。
面白かったら下の赤いバナーを『ポチッ』と押してやってください。



衝撃的な本 その②

カテゴリー: この本、えかったよ!

vol.280

今日は免許の更新に行っていたので、遅くなりました。
最近は免許書にICチップが入っているんだって!
偽造防止らいいよ。


昨日の続き・・・

なんか読み始めは、ガネーシャのパクリ?って感じでしたが
久々にやられたって感じですね・・・


この喜多川泰という作家、基本学習塾の経営者みたいですね。
僕のクライアントにも学習塾の経営者がいますが
この『先生』と呼ばれる職業に就いている人って
基本的に世の中からずれている人が多いんですが

この作者はビジネスの真髄をついてきますね!!

「いつの間にか自分だけの都合で物を売ろうとしたり
 サービスをしようとしたりするようになってしまう。
 そしてそれが一生懸命仕事をしている事だと勘違いしてしまう」

「本屋は手段であって生きる目的ではない。
 本屋という職業を通じて自分に何が出来るか考えた事があるか?」

「その店に訪れる人の人生に興味を持ち、自らの家族に接するように
 愛情を持って話しかける。自分が儲けるためでなく、その人を幸せにするために
 自分に出来るベストを尽くそう」

バンバンビシビシ 胸に突き刺さってくる言葉ばかりでした。

人を動かすには【感動】しかない! と書かれていますが
最近読んだ、福島正伸さんの「リーダーになる人のたった1つの習慣」にも
「人を変えたければ、その人を感動させればいい」と書いてありました。

 

人は感じたら動く=「感動」

 そして感動は伝染する・・・・


Mさん
本当にありがとうございました。

今まで自分で読んだ本を、人に貸した事はあっても
プレゼントまでした事は無かったです。
心のどっかで

「本ぐらいは自分で買って読んではじめて意味がある!!」

くらいに思っていました。
そこには、ちっぽけな損得勘定があるのでしょう!!



お金は自分為ではなく「人を喜ばせる為に使う」と
お金も喜んで友達を連れて帰って来てくれるそうです。


そんな些細な事にも気づかせてくれたMさんとこの本に感謝します。

有難うございました。


右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングに登録しました。
面白かったら下の赤いバナーを『ポチッ』と押してやってください。





衝撃的な本!

カテゴリー: この本、えかったよ!

vol.279

先日、かなり衝撃的な事がが起こった。

わしの【ビックリ名刺】のお客様で兵庫県に住まれているMさん。
掲載許可まで取っていないので、Mさんとしています。

そのMさんとは、ビックリ名刺を作る段階で、何度かお話をさせて頂きました。
このビックリ名刺は、通常の5倍の面積があるので
中に書く内容も、相当吟味しないと逆効果になる名刺です。

そんな名刺なので、Mさんのこれからやって行きたい事
Mさんと関わる人にどうなって欲しいのか・・・などなど
ちょっと自己啓発っぽい話も色々しました、が
実際には、お会いしてお話した事などない関係です。

そんなMさんとは、それ以来のお付き合いで
わしの毎月発行しているニュースレターをお送りしたら
いつも読んだ感想などをFAXで送ってくれる、律儀な方です。

先日いつものように、わしのたわいもないニュースレターを送っていたんですが
今回はいつものFAXとは別に、大きな封筒が届きました。

またどっかからの催促状が来たのかと思ってみてみると
送付依頼表に【Mさん】の名前が。

中をあけてみると、1冊の本が入っていました。
その本には、小っさな手紙がクリップで留めてありました。

「板坂さんへ
 いつもニュースレターを送ってくださり、有難うございます。
 『即戦力の人心術』読ませて頂きました。本物のチームワークとは何かを
 教えてくれる本ですね。(中略)この艦長は本当に心の広い人物と思います。
 お礼に私からも板坂さんにご紹介したい本があるので同封いたします。
 もしも、『良い本だった!』と感じられたらぜひ、お知り合いの方に貸してあげてください。
 私への返却は無用です。では今後ともよろしくお願いいたします。Mより」

今月のニュースレターで『即戦力の人心術』という本を紹介していたので
その本の感想が書いてありました。


「へぇ~、Mさんって相当自己啓発で洗脳されているんだ・・・」


これが、この本まで届いた状況を見たときの率直な感想でした。

わしの中では「本なんか自分で買って読むもの!」というのがあって
自分で買って人にプレゼントするなんて事、絶対にありえん事。

「この本は良かったよ!」とオススメする事はあっても

自腹で買って、他人に渡す!

↑ この行為自体が偽善者のように感じてた。

『人』の『為』と書いて『偽り』となる! と思っていたから・・・

だから、正直この本が届いた時に
「自己啓発しすぎて、なんか偽善者っぽい」と感じた。ごめんね!Mさん

でも、折角送ってもらってそこまで良いと書いてあるんなら
本は目の前にあることだし、読まない手はないでしょ。

さっそく著者プロフィールを見てみた。


わしは、2007年から『年間本を100冊読む!』を目標立ててから
だんだんと本の読み方も変わってきた。

まずは著者プロフィールを一番に見る。
どんな奴が、偉そうな事言っとるんか気になるところだ。

『喜多川泰
 1970年東京生まれ。愛媛県に育つ。
 東京学芸大卒。1998年、横浜に学習塾聡明舎を創立。
 以降、生徒の能力を最大限に発行する方法をもとめて
 自己啓発の研究を続け、自ら執筆活動を始める。
 本作品のほかに「賢者の書」「手紙屋」(略)・・・・・』

「なんや!1970年生まれって、わしより年下か!」

こういうところがダメよね


体育会系で育つと、上下の関係が気になる。
年下の後輩は、何年経ってもわしより先輩にはなれん。


わしは1967年2月9日生まれで、1967年4月生まれの後輩がいた
その後輩に言わせれば「1967年組みと言う事で同じでしょ!」と言うが
わしら体育会系の中では、西暦ではない!! 学年なんだ!!

ちょっと話がそれたが
自分より年下の人が書いている本だと分かると
ちょっと斜めから見てしまうクセがある。

1970年生まれという年下で、しかも学習塾の先生!
こんも世の中で【先生】と呼ばれる仕事をしていて
勘違いしているアホが沢山いる。

世の中の事を何にも知っていない!

年下で、アホ教師で・・・
あと1つ何かがそろえばフィーバーにでもなりそうだ。

もうこうなったら、読む前から斜に構えて見ている。
前書きを読んでも、どっかの自己啓発本のパクリのようだ。

読み始めると、福の神が出てきて主人公に取りつく
そして、その福の神が喋りだす。

駄目な主人公を上のほうから見て、色々と喋る。

これって関西弁を喋るゾウが出てくる!あの200万部以上売れた
最近ではドラマ化された! あの本のパクリやんけ!


塾経営者の先生が、これじゃまずいじゃろと思いつつも
ゾウの物語とこの先どう展開さすのか?という
完璧に斜めからの目線で読みすすめました。

わしの本の読み方は、必ず蛍光ペンを片手に持って
どんどんその時に感じた事、思った事を書きなぐる。

そしてその書きなぐった所は耳を折っておく。

そうする事で本を読みながら思考の整理も出来る。

だから自分でよかったと思う本は、ボロボロになってしまう。

そして今回、Mさんに送ってもらったこの本は

DSC00408.jpg

折まくり、書きまくり、涙が滴り落ちすぎでボロボロに・・・

どんな内容かなどは、また明日詳しくお話します。

今日は朝から【S不動産倒産】でなにかとバタバタで (S不動産とはまったく絡み無いけど・・・)
これ以上書く時間が無いんで、続きは明日



それにしても【S不動産】はうまくオバマ就任にかぶせてきたね~

この絶妙なタイミングも、小野真弓と一緒の会議で
「グループ力!」「輪をもって力となす!」とか言って決めたんでしょうかね・・・

 

mayumiono.jpg 

ほんじゃまた明日。

本郷猛がウルトラマンになれない理由

カテゴリー: キャッチコピーUSP

vol.278

昨日コメントでも頂いたのだが
みんな、その人なりのイメージがある。
人もそうだが、物や企業にもある。

例えば、お笑い芸人が、ちょっと役者をやったらえらく好評だった。

これはダウンタウンの浜ちゃんでも言えることだが
あくまでもお笑いの『浜ちゃん』があの演技をするから
普通の人より賞賛されるのであって
普通に今まで役者としてやってきた人が
あの演技をしても、別にニュースにもならない。

ただ、ここからがイメージの問題。

この浜ちゃんが、役者として賞賛されたから
お笑いから役者に転向してしまって
まったくバラエティーとかに出なくなったらどうだろう???

「あいつ!勘違いしとんじゃないんか!」

間違いなくこうなるだろう。

今日のタイトルにも書いた

『本郷猛がウルトラマンになれない理由』も

本郷猛が「変~身 トゥー」と言って、ウルトラマンになったら
最初は奇抜なアイデアで受けるかも知れんけど

「やっぱり、本郷猛は仮面ライダーじゃないと
 なんか、しっくりこんよの~!」 となると思う。

これも、わしらの頭の中に刷り込まれたイメージ



イメージ=らしさ=コアエッセンス



「この【コアエッセンス】をみんな見落としている」と
わしの尊敬する書評家は言う。

この人に言わせれば、ユニクロの野菜ビジネスなんて
この事を表現する最たるもんだと言う。

あのユニクロが永田農法を使って水を与えないトマトを作る。
たしかにトマトと思えないぐらい甘いらしい。

ユニクロが、この野菜ビジネスを断念した理由は、色々あるとは思うが

『なぜ!? あのユニクロが野菜ビジネス!?』

そこにコアエッセンスの一貫性がないから、受け入れられない。

ダウンタウンの浜ちゃんは、芸人であって俳優ではない。

ユニクロは、総合衣料最大手であって農家ではない。

と言う事は、みんなのビジネスも
今いるお客さんたちに、どの様に思われているんだろう??

あなたの何処が気に入ってくれて、ファンになってくれているんだろう・・・
そこには必ず【コアエッセンス】があるはず。

今は100年に1度の大不況
今のままでは潰れてしまうと考え
このコアエッセンスを大きく逸脱するような事をしたら

今まで作ってきたコアエッセンスまで崩壊する事になる。

こんな時代だからこそ、今まで作ってきたコアエッセンスを
磨き上げる事が重要かも・・・

ほんじゃまた

右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングに登録しました。
面白かったら下の赤いバナーを『ポチッ』と押してやってください。



恐るべし!ニトリ

カテゴリー: 大きく復活するため講座。

vol.277

 

【皆が値上げをしている時こそ値下げ!】

お値段以上♪ ニトリ♪の似鳥社長が
週刊ダイヤモンドで語っていた。

DSC00393.jpg


「皆が値下げをするときは、同質の競争になってしまうので
 競争力が薄くなる。
 皆が値上げをするときにやらないと。それが差別化になる。」

まー家具業界のオピニオンリーダーなんで
そんな事も可能だろうが

『へぇ~』と感心した事が・・・

DSC00392.jpg

2008年5月30日に268品目値下げして
8月1日、11月1日と続けて値下げをしている。

5月30日の1回目の値下げで、多少の客が動いたけど
8月の値引きの頃には、客数も売上も下がっている。

普通ならこの8月の値引きでも市場が動かなかったら
なかなか3回目の値引きに行けないと思う。

ちょっとこのまま様子を見よう となると思う。

しかしこの社長は、3回目も値引きした。

ニトリの商品は全体で6500品目くらいあって
そのうちの1000品目くらいを値引きした事になるらしい。

でも、そこまで断行して値引きをやると、客のイメージが定着するらしい。

 
グラフを見ても分かるとおり
3回目の値引き後、爆発的な客数と売上になっている!

これくらい【決めた事はやりきる】が徹底できないと
オピニオンリーダーにはなれんのんかも・・・


右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングに登録しました。
面白かったら下の赤いバナーを『ポチッ』と押してやってください。



ミカンはバラ売りで!

カテゴリー: 日々の中にある復活のヒント

vol.276

面白い記事を週刊ダイヤモンドで見つけた。

スーパー各社が、値下げ合戦に明け暮れるようになった背景には
お客様の財布のヒモが10円単位でシビアになってきたという
厳しい現実があるからのようだ。

この冬ダイエーでは、ばら売りのみかん
が、飛ぶように売れているらしい。

DSC00396.jpg

背景の1つには、核家族化が進み、量が必要なくなったと言う事。



買い物かごに、みかん2個入れて56円払って帰るんだって・・・



広島の人とかは、みかんを買うって言う行為をあまりしないんじゃないんかね?
たいがい、どっかから箱で貰ったりしませんか?

少なくとウチはそんな感じなんで
みかんを10個入りのネットで買うという習慣もないから
ましてや、みかんを1個2個で買うというのがこっけいに見える。

何処のダイエーか知らんけど
買い物かごにみかんを2個入れてレジを並んでいる人を見てみたい。

そしてそれを写真にとって、ブログで紹介してみたい。

所変われば、色々なんですね・・・・

右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングに登録しました。
面白かったら下の赤いバナーを『ポチッ』と押してやってください。



あなたとは違うんです。パートⅡ

カテゴリー: エンターテイメント

11日に書いた
福田さんの暴言に
中国新聞社の記者も靴を投げてやればいいのに!
と書いた記事 ココ

その本家本元の、ブッシュ靴投げつけ事件のパロディーゲームの
アクセス数が凄いって言うの聞いたでしょ?

でも、見た事なかったでしょ?
やってみた事なかったでしょ?

わしは、10回しかブッシュに靴を当てれんかった・・・

みんなは何回当てれるかの~

ココからアクセス

右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングに登録しました。
面白かったら下の赤いバナーを『ポチッ』と押してやってください。



大学入試センター試験

カテゴリー: 日々の中にある復活のヒント

今日は大学入試センター試験 !

DSC00395.jpg


わしには一生関係のない事だと思っていた。

がしかし、今日センター試験会場に来ている。

ウチの娘を連れてきた。 くるま

2~3ヶ月前に娘と話をしていて

「センター試験ってなんや? 父さんの頃にはそんなの無かったで!」
って言ったら、娘が

「無いわけないじゃん! 父さんが知らんだけよ!」
と、えらく馬鹿にされたような口ぶりで言われた・・・

遠い過去を振り返ってみても
わしの辞書に【センター試験】という言葉はない。

そこで同級生とかに聞いてみたら
「昔は共通1次って言ってたんよ」と教えてくれた。

【共通1次】 これなら聞いた事があるが
それ自体がどっちに向いているかは分からん 汗;;

でも聞いた事はある。

上から目線で言やがった娘にこの事を教えてやった。

「昔はのセンター試験なんてダサい名前じゃなくて、共通1次って言ってたんで!」

「なんか、そっちのほうがダサいね・・・」  たしかに・・・


センター試験について色々教えてもらって、今日がその初日!!

まー悔いが残らんように頑張ってちょうだいよ。

 

 

右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングに登録しました。
面白かったら下の赤いバナーを『ポチッ』と押してやってください。



小手先表現よりも、正直さ

カテゴリー: キャッチコピーUSP

vol.273

最近、チラシの構成の依頼を受ける事が多い。

どう表現すれば、それを見た一般の人が反応してくれるのか?

みんな小手先で、反応率を上げたがっている。

そこには
『そんなに数はないですよ』のような希少性や
『皆が良いと言っていますよ』という社会性や
『専門家も良いと言っています』という権威を利用すれば
ある程度は振り向いてくれるかもしれない。

最近では、こんな事も当たり前になってきているから
小手先では【騙す】事も難しくなっている。

なんで【騙す】という表現をしたかというと


わしも、クライアントから表現構成を頼まれると
結果を出さないといけないから、真剣に悩む。
そして真剣にヒヤリングする。

そしてある程度の結果を出してみせる。

ただ、ここからが大きな問題が発生する事が多くある。

表現方法を駆使して、お客さんの期待値をくすぐる。
そしてそのお客さんは、自分の頭の中のイメージを膨らませ

「こんな感じかな~」とワクワクしながら購入する。

すると!!





ワクワクしながら、期待に胸を躍らせながら購入したのに

リピート客になっていない!!



と言う事は、期待価値と実質価値に大きな開きがあったと言う事かも・・・


だから【騙す】と書いたんだ。

そこには【正直さ】が欠如している。


最近ではチラシやホームページのキャッチの表現などの依頼を受けても
その依頼者が本物かどうかリサーチしてから受けるようにしている。

その企業の【コアコンピタンス(圧倒的優位性)】もない会社の
仕事を請けると、また騙す事になってしまう。

今の商品やサービスに、絶対的自信を持っていて
他者のは真似できない○○があります!!

 

これくらいの事が、すらっと言える様な会社の表現方法を考えるほうが、ワクワクする。


先日テレビを見ていると、面白いスーパーが取り上げられていた。

ok

その名は『オーケーストア』って言うらしく
Everyday Low Price = 毎日安い を基本としたスーパーらしい。(広島にはない)

ここの社長さんがインタビューで
「正直が一番! お客様には正直に伝える」のような事を言っていた。

どういう事かと言うと
「この商品はなんで安いのか!」という理由を打ち出している。

もっと面白いのがこれだ!

低迷の続くスーパー業界で二桁成長を続けるOKストア。
エブリデイロープライス(EDLP)で安さが人気の秘密と言われるが
実は一番効果を出しているのが「正直カード(オネストカード)」と言われるカードだ。
このカードには、これまでの常識を覆す情報が書かれていた。

1207953431.jpg

簡単に言ってしまえば
「この商品、安いですが、あんまり美味しくないですよ!」と言っている。

ここまで表現していると、それを買ってから文句を言う人も少ないだろう。
最初から「あまりうまくないです」って言っているんだから。

みんな、【騙されたくない】と思っている。

だから

出来る事はできるけど、出来ないことは出来ない!!

と、表現する事が必要になっていますよね・・・


あー今日もブログを書くのに1時間もかかってしまった
最近どうも時間がかかりすぎている

右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングに登録しました。
面白かったら下の赤いバナーを『ポチッ』と押してやってください。







新年互礼会

カテゴリー: 中小企業家同友会

先日の同友会の互例会でお会いした

バイク便の株式会社ハニー・ビーさん

早速、ブログで当社の紹介を頂きましたので
僕も負けずにご紹介

バイク便なんて都会だけの話かと思っていたら
なななんと・・・  広島にもあったんですね。

どんな物か、今度利用してみよ~

笑う支部には、福来る!

カテゴリー: 大きく復活するため講座。

vol.272

DSC00391.jpg

昨日、中小企業家同友会の新年互例会があった。

支部長の挨拶にも『100年に1度の大不況』と出てきた。

他の会員さんと話をしても

「今年はどうなっていくんじゃろうか???
 去年から仕事の量もどんどん減っているし・・・
 なんか、新しい事でもして行かんとまずいかも・・・」

かなり皆先行き不透明な感じがひしひしと伝わってきた。

その点わしは、100年に一度どころじゃないけ
平成14年くらいから、どん底状態じゃけ
結構、例年通りって感じなんじゃけど

このどん底の5~6年と、ここ最近違うのは
今まで調子が良かった(良さそうに見えていた?)わしの周りの会社が
ドンドンやばい状態になってきている。

そういう企業を観察して思うのは

『このままじゃヤバイからと、新しい事にチャレンジして


 経費オーバーで取り返しがつかなくなっている』



こんな時だからこそ、更なる前進を目指してチャレンジする!!
のは、いい事だと思う。

ただ、企業内の交通整理が出来ていないまま
新しいチャレンジをしてしまっているから
余計な経費がかさんでしまっている。

経費に敏感な社長さんは、うまく経費がかからないように
新しい事にチャレンジしている様に見えるが
経費をかけない分、スタッフに無理がきている様にも見える。

『今までの仕事』と『新たな取り組み』と、やる事が増えて中途半端になっている。

たいがいそういうところの社長さんは

『今までの仕事』と『新たな取り組み』と、一連の中で出来るじゃろ!!

と、社長独自の持論を振りかざす!!

全責任を負っている社長である、あんただから出来るんです!



理念も戦略もビジョンも教えていない社員が
社長と同じように働けるわけが無いんです!

そして最後には、今までの仕事も、新たなチャレンジも
どちらも中途半端になって、お互いがお互いの足を引っ張り合って
今まで以上に売上も落ち込んでいく!!



中小零細企業の社長さんは、新たな発想には長けているけど
今まで作ってきたものに対する愛着が大きい分

【捨てる】と言う事が余り得意ではない!

新しい事にチャレンジして、新しい流れを入れ込むんだったら
その新しい流れを受け止める場所(器)を空けないといけない。

今、コップに90%の水が入っているところに
新しいキレイな水を入れようとしても、10%しか入らない。

新しい水を50%入れたければ、90%-40%にしておかないといけない。

この40%を整理し処分して、新しい水が流れ込んできても
漏らすことなく受け止めれるようにしないといけない。

だから、今年は100年に1度の大不況なら
100年に1度くらい、今までの負の産物を捨てて見るのも1つの手かも・・・

ほんじゃまた

右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してください。


ブログランキングに登録しました。
面白かったら下の赤いバナーを『ポチッ』と押してやってください。




おまえら 勘違いするなよ!

カテゴリー: 日々の中にある復活のヒント

vol.271

強かったねー

組織的戦いが、1人のスター選手を撃破したって感じで

DSC000389.jpg

スッゴイ事になったって感じ!!

わしらサッカーをやってた者から言えば
広島のサッカーが頂点を取るなんて・・・

皆実の快進撃で、広島がかつて「御三家」と呼ばれていたことが
広くクローズアップされた。

41年ぶりながら、9回目の優勝ということは
以前はどんだけ強かったのかということだが
この皆実のメンバーは知る由もない事です。

でも、凄い!

我が家でも、うちの子供がちょうど高校3年生と言う事もあって
皆実に友達もいたみたいで、わしより盛り上がってた。

DVDで録画までして、女房と子供と女3人で
サッカーの事そんなに知らんくせに、盛り上がってた。



サッカーボールサッカーボールサッカーボールサッカーボールサッカーボールサッカーボールサッカーボールサッカーボールサッカーボールサッカーボール


わしが今回の優勝で一番思ったのは
この藤井先生という若き指導者の一言が良かった。

試合が終わってすぐの控え室での一言だと思うが

「おまえら、勘違いするなよ!」だったかな・・・

新聞にも載っていた。

DSC00390.jpg

良い!!



皆実もここまで来るのに長い年月がかかっている
去年もその前も、ベスト8で涙を飲んで、勝てない日が続いていた。

そんな【マイナス】の時代があったからこそ
こんな大きな【プラス】が待っていたと言う事だと思う。

でも、大きなプラスの次に来るのは
その大きなふり幅を修正しようとする
【大きなマイナス】の始まりだと言う事を監督は言ったのだと思う。

人生なんて、大きなプラスだけで終わる人もいなければ
大きなマイナスだけで終わる人もいない。

 

人生『プラス』『マイナス』で出来ている!!

 

死ぬ時は帳尻合わせて『ゼロ』で死ぬ!!



だから、面白い!!

皆実高校の彼らにもこの先、この優勝という2文字がどう作用するか
彼らのこれからの生き方に、かかっているのだろう・・・

別に勘違いした生き方をしてしまっても良い。
それに気づいて修正する人生が送れれば・・・


それにしても、ウチの母校の広島城北サッカー部も
この選手権予選で、皆実高校に1-2で負けていると言う事は
全国に出してみても、そこそこやれるんじゃないんかの~

でも、監督が皆実のようなイケメンじゃないけ
絵づら的に余り全国放送は出来んかも・・・・

ほんじゃまた


ブログランキングに登録しました。
面白かったら下の赤いバナーを
『ポチッ』と押してやってください。


地頭力を鍛える

カテゴリー: この本、えかったよ!

この著者の講演を聞いた。
元々コンサルタント会社で勤めている、言えばサラーリーマンの人だ。

その細谷さんがどうやって出版にこぎつけて
どうゆう風に、出版まで流れたかを
本人曰く、何処でも喋っていない
そして何処でも見せていない当時の資料も
大公開して喋ってくれた。

非常に面白く聞かせてもらった。

なんか本を書いている人なんて
芸能人でも見るかのようなそんな感じだするけど
細谷さんには失礼かもしれないけど
ホント 何処にでも居そうな普通の人だった。

同僚と居酒屋で「本でも書いてみるか!」という話になり
そこから企画書を作って、編集者を紹介してもらい
企画書を見てもらって、「じゃ、やりましょう!」となったらしい。

その居酒屋で話した、いわんや『酒の入った話』を
すぐに行動に移せるところが凄い!!

そしてその編集者に送った企画書を
当時のまま見せてくれたけど
本業がコンサルタントと言う事もあって
完成度が高すぎる!!

すでにここで凡人ではないんだろう・・・

そして話がトントン拍子に進んで、発売当日。

気になって実際に本屋に足を運んだらしい。
運よく本屋には、新刊コーナーに平積みしてあったらしい。

細谷さんはその平積みコーナーの横のほうから
横目でずっと見ていた。

そして記念すべき第1号が自分の本を手にとってレジに行ったらしい。

「この時ばかりは、その人をギュッと抱きしめたかった」
と、照れながら話してくれた

わしも自分でデザインして作った靴を
松山行きのフェリーの中で履いている人を見たとき
細谷さんと同じで、ギュッと抱き締めたかったのを覚えている。

その後細谷さんと懇親会でもご一緒させてもらったけど
やっぱり一緒に飲んでも、普通のサラリーマンにしか見えない。

でも、色々話を聞かせてもらうと

『よく勉強をされている!!』

これが実感!

年間200冊は、本を読んでいるらしい。
本業もあるので、朝4時には起きて自分の時間を作っている!!

やっぱ、本を書くような人はやる事が凄すぎる!!


まーこんな話を聞いて、感心するだけのわしじゃない!!

「わしも年間200冊読むぞ!!」とモチベーションが上がっていたので
新宿の紀伊国屋に寄って、4冊も本を買い
新幹線の中で2冊くらい読破する予定が
横浜あたりで眠くなってしまい、気が付いたら大阪でした

ほんま、わしは活字という催眠術にいつも負けてしまう・・・ トホホ


ブログランキングに登録しました。
面白かったら下の赤いバナーを
『ポチッ』と押してやってください。






金を取るトイレ

カテゴリー: 日々の中にある復活のヒント

VOL.269

さすがお江戸には凄い物がある。

わしが知らんかっただけなのかも知れないが
品川駅に、1回 100円の有料トイレがあった。

DSC00388.jpg DSC00385.jpg

「このトイレは有料です」

入り口にはコインボックスが有って
100円入れないと扉が開かないようになっている。

まー考えてみればこれだけ人の多い東京で
駅の職員がきれいにトイレを保つというのも難しいのだろう。

でも、地方に住んでいると金を出して用を足すと言う事に抵抗感が・・・

でも、地方に住んでいても女性ならお金出してもキレイな方が良いだろう。

とりあえず100円払って中に入ってみた

DSC00386.jpg

さすがに金を取るだけあって、きれいに掃除をされている。

でも、男は金払ってまで用は足さないのだろう
見ての通り、ガラガラ状態だ!!

“大”の方はどんなものか覗こうとしたら
5つある大便器の扉が、全て鍵がかかっている!?

えっ! もしかして満室!?

すると1人の学生風な人が出てきた。
やっぱり満室なんだ・・・

その学生が出てきた大便器を覗き込んでみてみた

DSC00387.jpg

彼が出てきたすぐ直後だったから
ちょっと臭いでクラクラしたが、頑張って取材開始。

100円取るだけあって、駅の構内にあるトイレなのに
ウォシュレットがついている。

一通り観察して、トイレの中で写真撮りまくって
気づいたら、わしは“小”も“大”もしたいわけではない・・・

観察するだけの為に100円も払ったのかと思うと、虚しくなったので

とりあえず“小”だけは搾り出してみた・・・


また、お江戸に驚かされた。

ほんじゃまた

ブログランキングに登録しました。
面白かったら下の赤いバナーを
『ポチッ』と押してやってください。


あなたとは違うんです!!

カテゴリー: 日々の中にある復活のヒント

「『ひとごとのように』とあなたはおっしゃったけどね

 私は自分自身のことは客観的に見ることができるんです。

 あなたとは違うんです!!

 


312007.jpg

えらい古い話を今さらなんですか??

っと言われそうですが、この件についてはじめて知った事があったので書きます。

 

この あなたとは違うんです!! は余りにも有名ですが

じゃ!? この質問を福田さんにしたのは誰か知っていましたか?

            ・

            ・

            ・

            ・

            ・

            ・

            ・

            ・

            ・

            ・

何を隠そう、広島がお膝元の【中国新聞社の記者】だったのでした!! 

その人いわく


『総理の会見が国民にはひとごとのように聞こえる。
 辞任会見もそのような印象を持った。
 会見での首相の語り口を聞いていたら
 まさに『ひとごと』という言葉通りだなと感じた』と言うことです。

今さらながらに、ビックリしました!!


中国新聞社の記者に福田のおっさん目くじら立てて

『あなたとは違うんです!!』って言ってきたんだから

どうせなら、その記者も

『なんじゃ~わりゃ~』と言いながら

履いてきた靴でも投げつけてやれば

この記者も、もっと有名になったのになぁ・・・


でも、福田さんだとブッシュのようには避けれんかもね


amr0812152236011-n1.jpg

ほんじゃ また

ブログランキングに登録しました。
面白かったら下の赤いバナーを
『ポチッ』と押してやってください。


自社の強みが分からない

カテゴリー: 日々の中にある復活のヒント

vol.267

昨日、クライアント先の会社の会議があった。

新年度のチラシを作るための会議だった。

こうしたい、あーしたいという意見を言いながら
色々他社のチラシを持ってきて、見比べている。

チラシのデザインがどうのこうの言っている。

そこで、まずは誰に来て欲しいのか
どんなお客様に来て欲しいのか聞いてみた

すると

「メインは○○! その時に▲▲と■■は引っかかればOK!」

この人達は、ゴカイでカレイや鯛や鱸を釣ろうとしている。

わしが釣りとかしないので詳しくは分からないが
たぶんゴカイでは、カレイは釣れても、鯛は釣れないんじゃないかな・・・?

まーどっちにしても
『1粒で、2度おいしい』思いをしようとしている。

まずは、誰に伝えたいのかターゲットが定まっていない。

そして、その次に何を伝えたいのか聞いてみた。

『新しいお客様募集のお知らせ』という返事だ。

では『募集のお知らせ』と表記しただけで、集まってくるのか?聞いてみた。

「それはないです!」

「じゃ、どうやって募集するんですか?」

「ウチの良さを理解してもらって、来てもらいます!」

「じゃ、ウチの良さって何??」

「●●があるでしょ。★★が長いでしょ。△△システムがあるでしょ。それから・・・」

「それって、ここにしかない事なんですか!?」

「いやー 何処にもあるでしょう・・・」

「じゃ『ウチの良さを理解してもらって』って何!?』

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

全国組織のような大手の会社とは違い
地域密着で小さくやっているような会社は
マーケティングがどっちに向いているかも理解していない。

わしがドンドンつめて質問していくもんだから、挙句の果てには



「ウチには強みはないんです!!」





ドッカ~ン

 

 

とうとう地雷を踏んでしまった!!

 

「じゃ今このお店に来ているお客様は、強みもクソもない所に通っとると言う事!?」

 

「強みもないのに金とって、騙しとるんか!?」

 

 

そうではないはず。

 

このお店にもいい所があるから20年近く運営できているんです。

ただ、それに気づいていないだけなんです。

 

そこで、自分たちで自分たちの強みが分からないのだから

実際にお客様聞いてみる事にしました。

その結果集計は来週出ますんで、また報告します。

 

ほんじゃまた
ブログランキングに登録しました。
面白かったら下の赤いバナーを
『ポチッ』と押してやってください。

奴隷扱いされる社長

カテゴリー: 大きく復活するため講座。

vol.266

わしが自分で起業したのが1991年

それまで8ヶ月ほどサラリーマンをしたけど
雇われるのが嫌で、アホな上司の元で働くのが嫌で
これなら自分でやったほうがエエと思って起業した。

自分の会社を興してしまえば
誰に使われる事も無く
嫌な思いもしないで、思いっきり働ける。

こんな夢のような事があっても良いのだろうか!!

少なからずとも、中小零細企業の社長さんは
こんな事を感じながら、起業したに違いない。

だが、実際に経営してみると
そうでない現状がいっぱいある。

日々の忙しさの中で、判らなくなっている事もたくさんある。

確かに、社長である自分より上の立場の人がいないから
そういう意味では、誰かにガミガミ言われて嫌な思いをする事はない。

しかし、『仕事』という形で使われている事が
身の回りには多い事に気づいていない!

仕事を大手から下請けという形で請けている会社なんて
まさしく“それ”にあたる。

大手から仕事を貰わないと、生きていけないのだ。

だから、元請の言う事は無理をしてでも聞いていかないと生きていけない。

今の時代、無理をして要望を聞いても
切られる時は、あっさりと切られてしまう。

嫌な事をしたくないから、一念発起で独立したのに
今となっては、使われるというより奴隷状態になっている。


昔のように、嫌な上司の下で働いておけば良かった。
アホ上司のたわ言も、うまく聞き流せば済んでいた事で
生きるか死ぬかという大問題ではなかった。

でも今は『仕事』というもので奴隷扱いだ

こんな関係は、元請:下請けだけの関係だけではない。

金融機関に対して、たくさんの借入がある会社も同じ事

さっきのような『仕事』ではなく
今度は『お金』というキーワードで、奴隷になっている。

沢山借入しているという事は、返済も沢山あると言う事!!

と言う事は、返済を遅れずに払おうとするために
お金に使われるようになる。

毎日毎日、お金の事ばかりを考えて
1日のうち90%くらいは『お金』に支配されてしまう。


みんな、こんな事したくて起業したのだろうか・・・

もう一度原点に帰って、本当にしたかった事を再確認して欲しい。

ほんじゃまた

ブログランキングに登録しました。
面白かったら下の赤いバナーを
『ポチッ』と押してやってください。


悪夢再び・・・

カテゴリー: 日々の中にある復活のヒント

現在 本厄進行中!

今年の2月3日?で後厄に突入予定・・・

去年、鎖骨を折って入院したのが1月3日の事だから
前厄時代の出来事という事になる。

で、今は本厄進行中でこれといった事が何も起こらない。
早くこのまま過ぎ去ってくれないかな~

去年の1月3日のサッカー初蹴りで鎖骨をポキッとやって
手術して金属金具を入れて(その時の写真)
DSC00049.jpg

今年も1月3日に初蹴りがあり、去年の二の舞にはなりたくないので
入念なストレッチや、アップをこなして参加しました。
もう42歳って言ったら、ええおっさんですわ

当然試合中は、多少の接触とかはあったけど気になる程ではなかったのだが
1月5日を過ぎた頃から、左胸の肋骨の辺りがどうもしっくり来ない・・・

6日になると、朝起きるのも辛いし、せきをするのも痛い。

もしかして!?

DSC00382.jpg

胸にある肋骨は、背中の方はちゃんとした骨で出来ているらしいんだけど
全面は軟骨で出来ていて、レントゲンに写らないんだそうです。

で、診断の結果

第4番目5番目あたりの胸部打撲(ヒビ)って奴みたい・・・

今このブログを書きながらでも、い・た・い


病院に行ったら、前のカルテ見ながら


「前回も1月3日にやったって書いてあるけど

 1月3日ってなんかあるの?」 って聞かれた。

 

3日遅れの天皇杯です。



ブログランキングに登録しました。
面白かったら下の赤いバナーを
『ポチッ』と押してやってください。


訳あり商品!

カテゴリー: 日々の中にある復活のヒント

今、ネット通販で『訳あり商品』が人気があるみたい。


これっていったいどんな商品か知っています?

訳あり商品とは、品質や安全性には問題ないけれども
表面に傷がついてしまったり、サイズが規格外だったりして
通常価格での販売が困難になってしまった割安の食品や家電製品のこと。

 

いわゆる『B級商品』のこと!

脚の折れてしまったカニや、ラベルに傷が入ってしまったワイン
害虫の影響で表面に多くの穴ぼこが空いてしまった大根などの食品
配送中に外装や箱にキズが入ってしまった家電製品などが
訳あり商品として売られている。

これらの訳あり商品は、ネット通販を中心に飛ぶように売れているみたい。

↓↓↓ こんな感じで・・・

wake.jpg

ショッピングサイト「楽天」のキーワードランキングで「訳あり」は
08年の前半期には300位にも届かなかったのに
年末になってからは20位近くまで上昇したみ。
 ←『ビジネタ』より


でもこれって、安いから売れているだけでは無いんです!!
ここが重要なんですが、皆さんの商売にも使えますから・・・

例えば、貴方が道を歩いていると
そこに怪しそうな男が、リヤカーでカニを売っていたとしましょうか。

こんな立派なカニだったとしましょう。
しかも、1キロ=3,000円です。  貴方なら買いますか???

kani_20090107085125.jpg

答えは、NOと言われた方が多いんじゃないんかの。

これはなぜかというと

●売っているシチュエーションが怪しい


●売っている男が怪しい


●なんで安いのかが怪しい


●いくら安くても、騙されたくない



っと、こんな感じでしょうかね・・・

世の中これだけ不況になってくると、財布のヒモも硬くなって
ついつい安いものに飛びついてしまいがちですが

あまりにも安すぎると、逆に警戒してしまう

そこにはなんで安いのかという理由が必要なんです。

このカニでいえば

通常カニは、8本足が付いているのが本来の姿ですが
これは、出荷途中で1本足が取れてしまって、商品にならなくなったカニです。
でも、8本が7本になったからといって味が変わるわけではありません!!
でも7本だと商品にならないから、安く仕入れることが出来たんですよ!!
お客様が格好形を気にしないのなら、必ずお買い得な商品です!!

この路上でリヤカー引いて蟹を売っている怪しい男が
これくらいのPOPを大きく書いとけば、必ず売れるんでしょうね。

 

お客さんて言うのは、いつも納得してお金を払いたいんです。

騙されたくないから、安いなら安いだけの理由が必要なんです。

2009年も100年に1度の大不況といわれていますが
むやみやたらに値下げなんかしちゃだめですよ!!

そこにはちゃんとした理由が必要なんです。


わーもう9時になっちゃった
馬木まで遠征しに行かんといけんけ
ほんじゃ また
ブログランキングに登録しました。
面白かったら下の赤いバナーを
『ポチッ』と押してやってください。


派遣村でテレビの取材を受けてギャラ発生!?

カテゴリー: 日々の中にある復活のヒント

「派遣切り」「内定切り」が横行する中
3月までに9万人近い非正規労働者が失業!
 

こんな見出しが躍っていた。

失業者たちを支えるボランティアたちの【派遣村】の様子が

連日テレビで放送されている。

無題

なんとも異様な光景だ。

この人達はいつまでここにいるのだろうか・・・



「年越し派遣村に行くくらいなら、アキバで働け」  こんな記事もありました。

12月末に3号店を仮オープンしたアキバ系のお店が
切実にアルバイト募集してるみたいで
時給900円~・社員登用アリ・交通費月1万円迄支給!!

とりあえず今の現状を打破しようと本気で考えるのなら
何か方法はあるような気がする。

ここにいて、ボランティアたちの作る食事をもらっていたら
この生活に知らず知らずのうちに慣れてしまう。

この前見たテレビには、失業者の人が顔出しでインタビューに答え
その人の1日に密着するような番組がやっていた。

その失業者は、親も離婚していてガキのころ施設に預けられていて
身よりも何も無いと言う事でした。

妙に明るく受け答えしている様子を見ていて、ふっと頭をある事がよぎった。

「こいつギャラ貰っとるんじゃろうか!?」

もし貰えたんなら、こいつのしたたかさはなかなか良い!!
そしてその番組を見たどっかの企業が
『こんな逆境の中でもあんなに明るく居れるような人材が欲しい!!』
みたいな事になったら、丸儲けじゃ!!

まー人事じゃないけ、わしも気を引き締めていこう。


ブログランキングに登録しました。
面白かったら下の赤いバナーを
『ポチッ』と押してやってください。


新年早々しんどい仕事・・・

カテゴリー: 日々の中にある復活のヒント

今日から仕事始めです。

会社に行ってパソコン付けてメールを開いたら
受信ボックスに689件メールが来ている。

必要なメールはそれぞれのフォルダを作って
そちらに収納してあるので
この689件は、たいがい必要の無いメールと言う事になる。

だからといって確認もせずに捨てるわけにもいかない・・・
という事は・・・・・  

 

面倒くさ~い!!



でもこの迷惑メールも色々試行錯誤している。

なかなか一目見ただけで『それ』と分からない物もある。

 
送信者も件名も英字になっているのは即刻削除!
逆にこういう方が迷わなくてすむので有り難い。

あとは、送信者と件名を気をつけながら削除していく。

件名に『ナイショでお願いします』とか『私でも大丈夫ですか?』
って言うのは迷わず削除!

『穴の奥まで全部見えます』なんかは後ろ髪引かれながら削除!

なかには『謹賀新年【山下です】』という件名で来ていたメールなんかは
たぶん迷惑メールだと思いながら、何処の山下さん?って感じで
確認の意味も含めて、とりあえず開いてしまう。

こうやって見ると、このネットの世界では
文章が持つパワーって言う物の大切さを痛感させられる。

あー誰かこの迷惑メールがまったく来なくする方法を教えてください。

ブログランキングに登録しました。
面白かったら下の赤いバナーを
『ポチッ』と押してやってください。


接客トークが出来ん奴が多すぎ!!

カテゴリー: 日々の中にある復活のヒント

昨日ダイヤモンドシティーソレイユという
イオンの大きなショッピングセンターに行った。
キリンビールの工場跡地に出来た大きなショッピングセンター。
02.jpg 01.jpg

わしはアパレル業が長かったけ
服を試着するのが好きだ。

よく人は言う。


「えー買わんのに試着は出来んじゃろ!?」って

庶民の小心者はすぐそんなことを言う!

まー、わしなんか、買う金を持って無くてもドンドン試着する!
ドンドン試着をすれば、わしがこんな風貌だからか
ぶち買いそうなニオイがするんじゃろ。

相手もドンドンのってきて、色んな物を出してくる!

昨日なんか、上着だけじゃなくパンツまで履いてやった!

かなりカッコ良かった!


でも残念な事に、年が明けて払いが沢山あるんで金が使えん。

そんな時は躊躇せず
「また来るわ!」って何事も無かったように帰る!

試着をするだけして、この一言が言えんようでは、まだまだお子ちゃまじゃ。

って、そんな事書きたかったんじゃなかった。


今日書きたかったのは


こういう所の洋服屋の接客が

何年経ってもヘタクソだらけじゃ! と言う事

 

「あっ そちらの商品! 今凄い流行ってて・・・」

あ・ほ・か!!

わしは流行っとるもんなんか、ぜんぜんいらんのんじゃ!

こいつらは、【客を泳がす】というのがわかっとらん!

泳がしとる間に、どんな商品に興味を示しとるんかとか
その客が今着とる服の傾向とか・・・

そういう観察もせんうちに
「あっ そちらの商品! 今凄い流行ってて・・・」って

そのトーク、数打ちゃ当たるとでも思うっとるんかの

客は営業マンが喋ればしゃべるだけ、耳をふさぐの!!

売り込まれたくないという、防衛反応が働くの!

すーっと近寄っても、客の視界にはちゃんと入っているの!


「あー寄ってきた なんか言うぞ!」って身構えとるものよ!

どうしても近寄って行きたいんなら
ありきたりな、服の話なんかせずに


「なんか、スポーツとかされとったでしょ!?」   
   「いやー体つきが普通じゃないもん!」
とか言ったら


絶対にその客は、拍子抜けしたような顔して


「えっ 今はしてないけど昔はやってましたよ」


「へぇー 何をされとったんですか?」


「サッカーです!」


「えっーーーーっつ!僕もサッカーやってたんですよ!」



こんなやり取りを続けて、お互いの距離が縮まった時に



「サッカーやってたから、モモとか太いでしょ! だったらこのパンツがエエですよ!」



こんな感じで、世間話からいつ商品の話に移ったかわからんトーク!
これが出来んと、1人前にはなれんね!


接客トーク術講座でも開こうかの・・・

悪夢の初蹴り

カテゴリー: 日々の中にある復活のヒント

あれからもう1年・・・

2008年1月3日
例年通り、高校の初蹴りでサーカーの試合中
現役の高校生がショルダーアタック!!

おかげさまで・・・・・・

DSC00075.jpg

鎖骨骨折で2週間入院することになった。

早いもので、あれからもう1年。

2009年1月3日

今年も懲りることなく、初蹴り参加

DSC00381.jpg

わしらの時代の『ゴールデンサッカー』しかTVでやっていなかった
サッカー不人気時代とは違って
いまは、プロ野球選手になりたい子より
サッカー選手になりたい方が多いのもうなずける。

現役高校生も5~60人も居る。
これじゃレギュラーになるのも難しい

今日の初蹴りは、OBも合わせて150人の参加だって。

今日もミニゲーム4つもやったんで
明後日くらいに動けなくなるんじゃろう・・・汗;;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。