FC2ブログ

「結論から話せ!」 女の会話にイライラする男たち

カテゴリー: 日々の中にある復活のヒント

中田堅司課長のもとに、女性部下2名からメールが送られてきた。
だが、中田氏にとって、それはまるで「怪文書」ともいえる内容だった。

------------------------------------------------------------
中田課長殿

 お疲れ様です。A子です。
昨日の会議についてですが、あの場では言えなかったことを
付け加えたく、ご連絡します。
在庫管理システムの発注ですが、B子さんが提案した「いろは社」は
導入実績が少なすぎるのが少し心配です。
調べたところによりますと、「にほへと社」のほうが実績が高く
平均コストダウンも5%なので、こちらでも問題ないと思いますが。

 もちろん、直接の担当はB子さんであり、ここ数年来「いろは社」との
付き合いがあったわけですから、コストダウンだけでなく、管理面でのメリットを
いろいろと知っているのかもしれません。
その意味で、B子さんの意見は尊重すべきだとは思うのですが……。
なんといっても、この業務については彼女が一番、熟知していますからね。

 というわけで、とりあえずご報告まで。

****************************************
A子
営業販売部1課
内線(205)
e-ko@diamondonline.xxx.co.jp
****************************************

-------------------------------------------------------------
中田課長殿

C子です。
月曜日にご指示のあった担当替えの件で、メールさせていただきます。
今後、西東京エリアはA子さんが担当するということですが、それはなぜでしょうか。
前任者が実績を落としているならわかりますが、そうではありませんよね。

 チームのメンバーはみんな、A子さんばかり目立つエリアを担当していることに
不満を持っているようです。
私もD子さんも未開拓の地域を引き受け、ずっと奮闘してきました。
A子さんは優秀かもしれませんが、彼女だけが頑張っているわけではありません。

 以上、ご検討ください。

****************************************
C子
販売営業部1課
内線(205)
****************************************


 はたしてA子さんは、「いろは社」と「にほへと社」の
どちらに発注すべきだと言いたいのか。
また、C子さんはA子さんをどうしろと言いたいのか。
いくら読んでも、さっぱりわからない中田氏だった――。

「『だから何が言いたいわけ?』と聞き返したくなることが、けっこう多いんですよ」。
教育関連企業で女性部下を数多く抱える管理職はこうこぼす。

■その1:なかなか本題に入らない
経緯ばかりを長々と話し、結論がよくわからない。

■その2:話が遠回しすぎ
周りの人を慮るあまり、婉曲な言い回しをする。何を主張したいのか不明。

■その3:自信がなさそう
自分のキャリアや能力を控えめに表現するので、「やる気そのものがないのか?」と思ってしまう。

■その4:低姿勢で意見を言う
自分の主張を否定するような言い方をするため、こちらもつい聞き流してしまう。

■その5:感情と意見をごっちゃにする
感じたことをそのままぶつけてくるだけで、具体的にどうしてほしいのかがわからない。


なぜ女性の話はわかりにくいのか?

原因はどうやら、「会話の目的そのものが男性と違う」という点にあるようだ。

 つまり、女性の会話の目的とは「結論」ではなく、「共感」。
自分や相手、周りの人の気持ちを感じ合うことこそ
コミュニケーションの目的なのである。

「よい案が見つからなくてとても大変だった。その苦労をわかってほしい」
「この会議に出席しているのは忙しい人ばかり。
つまらない意見を言ったら迷惑に思うのでは」 といった具合だ。

相手がまどろっこしい話を始めたとしても
イライラして「だから、要するに結論は何?」などと一方的に急かさないこと。
急かされた方は「自分の話はこの人にとって意味がないのか」と感じ
心を閉ざしてしまう。

 自分が求めているのが「結論」でも、彼女がほしいのはあくまで「共感」。
「どう? 新システムの導入は大変だったでしょ。
おかげさまでこっちは調子いいよ、ありがとう。
そちらはどう? 何か問題があったら言って」といった調子で話をもちかければ
笑顔で「万事OKですよ」と答えてくれるに違いない。

ちなみにモテるホストの第一条件は、「お客の話を真剣に聴くこと」だとか。
女性を話し上手にするためには、まず自分が聞き上手になること。

                    
---------------------------------------------------------------

家に帰って、嫁さんの「ちょっと聞いて!」って言う話に付き合うと

まー 前置きが長くて、なかなか結論に至らない事!!

「じゃけ、オチは何処にあるんや?」っていうと、完璧にはぶてた顔をしている。

 

わしらが2分で話す内容を、嫁さんは30分くらいかけてしゃべる。

目をつぶって、閉じたまぶたの上に目を書いておこうかと思ってしまう。

 

今日は、よーーーーーーーーーーーく、分かるお話だったので

そのまま掲載してみました。 DIAMOND online より


ほんじゃまた

ブログランキングに登録しました。
面白かったら下の赤いバナーを
『ポチッ』と押してやってください。


スポンサーサイト



| ホーム |