FC2ブログ

その顧客管理? アドレス帳です!

カテゴリー: 大きく復活するため講座。

先日もまた、顧客アドレス帳に会った。

「御社の顧客は、何名居るんですか?」と聞いて 

「5、6、7百って所かね・・・」

こんな答えが返ってくるところは

必ず、顧客管理なんて出来ていない。

パソコン入力していたとしても

それはただ単純に郵便筒が届くくらいの

アドレス帳にしか過ぎない。

「5、6、7百って所かね・・・」って500人と700人では200人も開きがあるのに・・・

誰から給料貰っているか分かっているんですかね?



その次に、どんな状態で管理しているのか見せてもらうと

①立派な市販ソフトで管理している。ように見える。

②高いお金を出して、その業界専用のソフトを買わされている。

どちらにせよ、顧客管理をしないといけないというのは伝わってくる。

でも、何の為にやっているのかがわかっていない!!

顧客の情報を、パソコンに入力するのが目的になっている。



この前驚いた事があった。

その会社の顧客管理は高価なソフトを使っていた。そして 

新規のお客様のところに、誰から紹介された人なのかを記入する欄があった。

プルダウン式で選べるようになっていた。

そこにはよく紹介してくれる人や企業があらかじめ入っていた。

なかなかやるじゃん!  っと思ったら??

【社長】という項目が出てきた。

紹介者の欄に【社長】という項目。

「これはどっかの社長で、誰かみんなが理解しているんですか?」と

入力をしている事務員さんに聞いた。

すると

「それは、うちの社長です。やっぱりうちの社長が一番多いんです!」

意味が分からなかった・・・

解説すると、中小企業の社長さんは、その会社の看板のような存在です。

だからその会社に仕事を依頼するとき、お客様は

その会社に直接電話を入れるんじゃなく 、その社長に電話をするんです。

「まいど! 今度、知り合いの○○株式会社の仕事請けてやって」

それを聞いた社長は会社に帰って「○○株式会社、いついつ仕事ね」と報告。

するとその会社でのパソコン入力は

≪○○株式会社 ○月○日  紹介者【社長】≫となるのです。

だから紹介者ランキングを出したりすると、いつも【社長】がTOPなのです。

こんな事を何年も疑問を持たずにやっている事がすごい!!

まだまだ1例。

もっとすごいのもありますよ・・・  それはまた明日。

 




ブログランキングに登録しました。
面白かったら『ポチッ』と押してやってください。

スポンサーサイト



| ホーム |