FC2ブログ

スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

努力と感じるうちはまだまだ・・・

カテゴリー: 日々の中にある復活のヒント

vol.616


昨日渋谷で10年ぶりくらいに
高校の同級生に会った。


やっぱり、学生時代の連れはいいね!

長い間会っていなくても
会えば、そこには昔の臭いが戻ってくる。


でも、昨日あった奴は
昔のお子ちゃまの臭いに
アーティスティックな臭いが混じっていた。



彼の名は『エドツワキ』と言って
アートディレクターの仕事をしている。


地方に住んでいると
こういう横文字の肩書きが良く分からないけど

要するに、イラストを描いて
その物自体のイメージアップをさせる?

たぶんこんな感じでしょう。



彼は、小泉今日子やスカパラ、今井美樹、chara
などのCDジャケットを手がけたり
ライブの構成をやったり
雑誌の表紙を手がけたり
(確か昔は『SPA』の表紙もやってた)
広島で言えば、パセーラのイメージイラストも描いてた。



そして最近は、彼の奥さんである
原田知世のニュー・アルバム「eyja」ジャケットのアートディレクション&デザイン、
CD-EXTRAに収録される、全編アイスランドにて撮影したミュージック・ビデオ「FINE」の監督を務める。
2009年10月21日発売 (EMI Music Japan)
プロデュース : 伊藤ゴロー
楽曲提供 : 細野晴臣、大貫妙子、いしわたり淳治、Valgeir Sigurðsson、múm ほか
アート・ディレクション & デザイン : エドツワキ


『エドツワキ』⇒ http://www.edtsuwaki.com/


っと、こんなスゴイ感じの人間ですが

いくら凄くても、わしの同級生なので
何年たっても、「裕治郎」「ツワキ」の仲です。


で、昨日も飯を食いながら昔話に花を咲かせたんじゃけど

『ツワキ』は子供の頃から絵を書く事が好きで
この絵で飯を食おうと思ったら、広島じゃない!

高校を卒業したら、東京に行って
この絵で飯を食うって決めていた。と言う。



10代の時点で、自分の将来を見据えていた所がスゴイ!



最近わしがよく言う


『99%の努力は、1%の才能の上にあって始めて成り立つ

 

 1%の才能も無い所でいくら努力しても無駄なだけ!』



『ツワキ』のやっている事を、この話に置き換えれば

彼が本当にやりたかった事を、10代という早い時期に見つけ
その“好きな事=才能”の上に努力をしてるんだから
納得出来ているだろうし、楽しいじゃろう!


そう、彼に問いかけると
さすが!アートな世界にいる奴は言うことが違う。



「裕治郎、それはちょっと違う!
 俺は『努力』という言葉が嫌いじゃけ!

 『努力する』って、嫌な事をやらされてる感があるじゃん

 じゃけ、今までを振り返っても
 『よーここまで努力した』なんて感じはまったくないんよ。

 好きな事をやって来ただけ。



 そして、1つの作品を作り上げるのに
 クライアントに『今回は苦労しましたよ・・・』なんて
 価値を付けて言う人っておるじゃん。
 俺は、あれってカッコ良くないと思うんよ。

 どんな大作でも、サラッと渡した方がカッコええじゃん!」  っと・・・



たぶんこうなんでしょう!

 



1%の才能に気づいた人には


99%の日々の努力も、楽しい事に変わってしまう。


さすがにこう言われた時には
ポケットからメモ帳を出して書きましたよ。



『ツワキ』はメモるなやって言ってたけど・・・


そして、最後の
「どんな大作でも、サラッと渡した方がカッコええじゃん!」
というのも

彼らの判断基準の多くは
『カッコ良いか、カッコ悪いか』なんだろう。

そこには『儲かる』とか『儲からん』じゃなくて
彼らなりの『感性』が優先されるんじゃろう。


なんか最近、感性の人とかと接する事がなかったので
昨日は、かなり刺激のある時間じゃった。


皆も、99%の努力を、努力と思わん位の

1%の才能を見つけてくださいね!


ほんじゃまた



_■『クチコミで広がった』板坂裕治郎セミナーのお知らせ■_________

★『営業戦略セミナー』
  2009年11月26日(木)・12月3日(木)

★『小学5年生でも分かる 単純明快経営塾』
  1回目:2010年1月21日(木)
  2回目:2010年1月28日(木)
  3回目:2010年2月4日(木)

セミナー詳細はこちら ⇒ http://www.tai-gee.com/s


右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングでNo.1を取りたいので、ご協力ください。
下のバナーを『ポチッ』と押してやってください。

広島ブログ  人気ブログランキングへ    blogram投票ボタン
スポンサーサイト

東京という街が人を生き急がしているようだ

カテゴリー: 日々の中にある復活のヒント

VOL.615

昨日は東京で
出版社の人や、著者の人達の
いわゆる忘年会に参加した。

DSC00751.jpg

なんかさすが東京って感じ!



まず言葉がきれい!



そして名刺交換する人みんな
肩書きに“CEO”とか書いてある。


代表取締役じゃいけんのんか・・・?


何をするにも、格好が必要な街じゃ。



そして、色々名刺交換をしながら話をしていくと


「弊社はまだ社員数40名の小さな会社です。」

「本もまだ7冊しか出してないんですよ…」



こう自己紹介をしてくれた人がいました。




「・・・・・・・・・・・・・・・」



どうも、喧嘩売られたんかと思った。


広島で社員40名も使っていたら
そこそこ大きな会社じゃし

本も7冊しかって

わしなんか本を7冊も書くんじゃなく読んだのも
つい、数年前の話じゃし



こんな自己紹介に、意味があるんじゃろうか?

それに・・・


7冊も本を書いてて、その人の名刺の名前見ても
もらった側が、ピンとこん方が問題じゃと思うけど。


まーええか



1冊も書いてない奴がいくら言っても
負け惜しみにしかならんけ。


そして昨日の会を主催したのが
吉山勇樹さんという
この人も『代表取締役CEO』じゃけど

若干29歳くらいで、
『ダンドリ仕事術』や『サキヨミ仕事術』『サバイバル仕事術』など
沢山の本を書いている人で

DSC00752.jpg
(一番左の人)



コンサルティングをされている。

ホンマ東京に来たら
こういう若い人が、バリバリコンサル業務をこなしている。



広島じゃ考えれんね!


広島で、20代で偉そうな事言ってたら

「じゃ、お前がどれだけ経験したんや!」って
相手にされんかもね。


でも、こっちは年齢じゃない。

それだけ相手にする会社も多いのも事実じゃろうけど。

とにかく感心する街 東京よ!

 


昨日は3時間くらいじゃったけど
またまた、良い人生の仕入れが出来た。


ほんじゃまた


物が売れない裏には、儲ける奴がいる

カテゴリー: 日々の中にある復活のヒント

vol.612

2009年も大変な1年だったけど

来年はもっとひどくなる予感が否めない。



そんな中で、広告業界はひどいらしい。



中でも、紙媒体を扱っている業界は
目も当てられないようだ。


基本的にネットを使えば
印刷することもいらないし
紙も使わないから、エコだし・・・
リアルタイムで、伝えたいことも伝わるし・・・



紙媒体で伝える意味が無くなっているような気がする。


そんな状況を
年末になって、いっそう肌で感じることがある。


それは・・・


例年なら、この時期になると
色々な会社のカレンダーが集まる。



毎年貰えるカレンダーも決まっているので
この時期に新しい年のカレンダーに付け替えるんじゃけど



今年は、待てど暮らせど届かない。


「今年は貰えないんですか?」とも言えないので

買おうかとも考えるんだけど



『カレンダーを買う』という言葉が
わしの辞書に無いので

どうしようかと途方にくれていると



新聞にもこんな記事が載っていた。

暦を「もらうもの」になったのは戦後。
企業が争うように豪華なカレンダーを配り
家には何本もたまった。

ところがこの不況でばったり。

当てが外れた人は書店などに走っている。

どうせ買うのなら、字が大きく書き込み易い物をと
実用カレンダーが良く売れている




こうらしい。


世の中は、弱肉強食。


ダメな業界があれば
それを補う業界が謳歌する。


ほんま、大変な世の中じゃ・・・


ほんじゃまた

ビックリしたお歳暮が届いた

カテゴリー: 日々の中にある復活のヒント

vol.611

昨日、驚きのお歳暮が届いた。

DSC00747.jpg

これは、わしのブログを毎日見てくれている

『塩飽農園』の塩飽(しわく)さんという方から
お手紙・自己紹介プロフィール・ニュースレター
玄米・オリジナルハイチュウ・携帯ストラップなどなど、送られてきた。

この塩飽さんは、通称「わっくん」という名で通っていて
わしのブログにも数回のコメントをくれる方です。



と言う事は・・・

 

そうなんです!

 

 

1回もお目にかかったこともない方なんです。



そんな1回もお会いしていない方から

「毎日ブログ読んでいます!」っと

この様な、心温まる物まで送って頂き



「へぇ~、こんな事もあるんだ」

感心してしまいました。

 




早速お礼の電話を入れさせてもらったら


「毎日楽しみにブログを読んでいます。
 日々色々な事があって、落ち込んだりもするんですが
 板坂さんのブログを読んで、元気をもらっています!」



っと、ありがたいお言葉が返ってきました。

 

これだから、毎日更新ブログがやめれないんだ!

 

 

これは塩飽さんにもお話したんじゃけど


実際に、わしなんか自分に一番甘い人間代表みたいなもん!
普通なら、毎日書いているブログも
日々、やめれる言い訳を見つけて
いつでもストップ出来るように準備するタイプ。



しかし、誰かに見られとる!
そして、誰かの役に立っている!



こう実感する事で



いつでもストップできるよう準備するんじゃなく

 



死ぬまで書き続ける準備をするようになっている。


そして、今回の塩飽さんからの
思いがけないお歳暮をいただき

ますます、頑張っていく元気をもらいました。



そして、わしのブログにたびたび登場する
お客さんへの情報発信の基となる
『ニュースレター』の発行に共感していただき



まだまだ手探り状態らしいけど
ニュースレターの発行を始められたらしいです。

DSC00748.jpg

確かにまだまだ手探り状態のようですが

まずは、始める事!



頭では分かっていても、行動に移せない人の方がほとんどじゃけ

まずは始めただけでも
一般の人より、何歩も先に出た事になる。



そして、せっかく始めたんだから
次は、続ける事です!

 


続ける事は、始める事より根性が要りますから!

頑張ってくださいね。

 


ちなみに・・・

 



うちの『全顧客身内化実践会』のメンバーの
新年号ニュースレターが上がったので 、一部、ご紹介します。

こめいち22.01おもて
アクト中食米穀事業部『こめいち』さん

さわやか流22.01.表
さわやか工務店さん

ぶるーす通信22.01
ネストロジスティクスさん

快適生活22.01
井口家具百貨店さん

防犯だより21.01
セキュリティーハウス モリタカさん


皆さん、発行して1年以上経過しています。
モリタカさんは『48号』目のニュースレターです。



あと、うちのニュースレターの勉強会『全顧客身内化実践会』へ
興味のある人は、見学に来ませんかと先日書いたんじゃけど

こちら⇒ http://taigee.blog32.fc2.com/blog-entry-636.html

塩飽さんからもオブザーバー参加の要請を頂きました。


ぜひぜひ、来てください!



と言っても、塩飽さんの住所

岡山県井原市なんですが・・・

遠くからなんで、気を付けていらしてくださいね。




塩飽 康利さんは、こんな人です。

ココ⇒ http://www.ibara.ne.jp/~a409s/

見て上げて下さい。


ほんじゃまた


_■『クチコミで広がった』板坂裕治郎セミナーのお知らせ■_________

★『営業戦略セミナー』
  2009年11月26日(木)・12月3日(木)

★『小学5年生でも分かる 単純明快経営塾』
  1回目:2010年1月21日(木)
  2回目:2010年1月28日(木)
  3回目:2010年2月4日(木)

セミナー詳細はこちら ⇒ http://www.tai-gee.com/s


右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングでNo.1を取りたいので、ご協力ください。
下のバナーを『ポチッ』と押してやってください。

広島ブログ  人気ブログランキングへ    blogram投票ボタン

人事じゃない違法販売!

カテゴリー: 日々の中にある復活のヒント

vol.607


年賀状の「違法販売」続出!?
特商法改正で日本郵政迷走


こういう記事が「週刊ダイヤモンド」に載っていた。



内容は

郵便局員は毎年このシーズンになると
年賀状の販売ノルマが付いて来る。

そのノルマは、社員をはじめ
アルバイトにまで振りかかっている様だ。


実際にわしの知り合いも
郵便物を配るだけのアルバイトなのに
結構なノルマを課されとった。


そんな厳しい現状の中
内部告発のような記事だ。

人事じゃないんで、興味深く読んでみて。


昨年までは郵便配達先で
「年賀状とゆうパックはいかがですか」と
声をかけたり、郵便受けにチラシを入れるなどして
やっとの思いでノルマを消化してきたが

ところが、12月から改正施行された特定商取引法によって
その手が安易に使えなくなってしまったのだ。


「法律を守ればノルマをこなせないし
 ノルマをこなせば法律は守れない。
 早く郵政を摘発してくれれば(ノルマがなくなって)楽になれるのに」


 首都圏で郵便配達を担当する日本郵便社員が
「郵政を摘発してほしい」と言うのだから穏やかな話ではない。


特商法改正によって、年賀ハガキやゆうパック販売は
郵便配達のついでなら訪問販売
チラシなら通信販売
電話を使えば電話勧誘販売扱いとなり
新たな法規制の対象となった。


たとえ郵便配達のついでに年賀ハガキを販売する場合でも
販売事業者の名称を名乗り、販売目的による訪問であることを告げ
販売できた場合には契約書面を交付し
クーリングオフの説明までしなければならない。


「郵便配達のついでに、
 『日本郵便の社員です。本日は年賀状の販売目的でお邪魔しました。
  年賀状を買っていただけるなら、署名捺印をお願いします』
 なんて言えますか。そんなことできるわけがない」と
現場からは怨嗟の声が上がる。


日本郵政は特商法遵守のための販売マニュアルを作成し
繰り返し現場にコンプライアンス(法令遵守)の徹底を伝達している。


しかし一方で「年賀状のノルマはなくならないので、(特商法に定められている)
ややこしい手続きを抜きにして売っていくしかない」(現場社員)。

「今年も20枚ほどお付き合いいただけますでしょうか」では法律違反なのだが
現実にはこんな「訪問販売」がまかり通っている。


冒頭の日本郵便社員は自分で年賀ハガキを買い取り
即座に金券ショップに売り飛ばす「自爆営業」でノルマを消化した。


「法律を厳守するつもりなら、郵便配達先では売れない。
 今年は例年にも増して自爆が多いんじゃないかな」と眉をひそめる。


なお、特商法に違反する行為はもちろんのこと
日本郵政では年賀ハガキのノルマ設定も自爆営業も
コンプライアンス違反行為として厳重に禁止されている。

だが、当の本社がブレーキを踏みながら
アクセルをふかすような指示をするものだから
こうした悪弊はいっこうになくならない。

                 (「週刊ダイヤモンド」編集部 小出康成)




この内容は、衝撃的ですね。

正直この『特商法』を守って商売していたら
やっていけないと思う。



でも、法律は法律!



そしてこの『特商法』は
郵便局だけに当てはまるもんじゃないので

 



明日は、我が身!



わしらが、一生懸命営業して
やっとの思い出販売しても

販売方法がこの『特商法』から逸脱していると
お客さんからクレームが入ったら
一瞬で消え去ってしまう。



この際じゃけ、『特商法』とはどんな物?
これくらいは見といたほうがエエかもね。



参考に・・・ ⇒ 『特商法』



ほんじゃまた


_■『クチコミで広がった』板坂裕治郎セミナーのお知らせ■_________

★『営業戦略セミナー』
  2009年11月26日(木)・12月3日(木)

★『小学5年生でも分かる 単純明快経営塾』
  1回目:2010年1月21日(木)
  2回目:2010年1月28日(木)
  3回目:2010年2月4日(木)

セミナー詳細はこちら ⇒ http://www.tai-gee.com/s


右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングでNo.1を取りたいので、ご協力ください。
下のバナーを『ポチッ』と押してやってください。

広島ブログ  人気ブログランキングへ    blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。