FC2ブログ

スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

脳の血行が良くなった

カテゴリー: 小学校5年生でも分かる勉強会

vol.595

『営業戦略セミナー』の2回目が終わった。


16:30~20:30の4時間だったけど

正直、時間が足りなかった!


091203-2.jpg
091203-1.jpg


先週の1回目で
ある程度の概略を話をして



今回2回目で
それらを、自社の戦略に落とし込む

こういう流だったけど



皆、自社への落とし込みが出来ない!




今回やってみての感想は



皆、自社の売りたい商品のことばかりで

それを買う人の事が理解できていない。



目線が、売り手側の目線で

それをお客さんがどう感じるのか?


そういう考え方が無い事に驚いた!



もっと驚いたのは

 


お客さんのパーソナル情報を


余りにも知らなさ過ぎる。


お客さんの事を良く理解していないから


お客さんの動向を仮説することも出来ない!



この2日間で、そういうダメな自分と
向き合えたのなら、良いのだけど・・・


DSC00729.jpg
DSC00726.jpg
DSC00724.jpg
DSC00725.jpg
DSC00727.jpg
DSC00728.jpg

これから、今回の参加者をフォローしていこ

 

ほんじゃまた

 


_■『クチコミで広がった』板坂裕治郎セミナーのお知らせ■_________


★『小学5年生でも分かる 単純明快経営塾』
  1回目:2010年1月21日(木)
  2回目:2010年1月28日(木)
  3回目:2010年2月4日(木)

セミナー詳細はこちら ⇒ http://www.tai-gee.com/s


右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングでNo.1を取りたいので、ご協力ください。
下のバナーを『ポチッ』と押してやってください。

広島ブログ  人気ブログランキングへ    blogram投票ボタン
スポンサーサイト

笑えた、営業戦略セミナー

カテゴリー: 小学校5年生でも分かる勉強会

vol.590

『営業戦略セミナー 第1回目』が終了した。

20名限定の所
当日駆け込みもあり

24名での開催となった。

091126-2.jpg
091126-1.jpg

わし自信、このテーマは
昨日がはじめての内容だったので

自分がどのくらいを、何分でしゃべるのか?

分かっていなかったので

17:00スタートで19:30終了予定だったけど
結局終わってみたら



20:30だった。


3時間30分ぶっ通ししゃべりまくりになった!



セミナー講師としては、終了時間を守れないのは
最悪な事だとは思うが

最初に「30分はオーバーするかもしれません!」と
了解を得ていたので、クレームは付きませんでした(^.^)
(クレームを直接言えなかっただけかも・・・)


でも、今回初参加してくれた
沢山のセミナーに出てますという
自称『セミナーオタク』の方が



「はっきり言って、驚きました!
 こんなに理解しやすく、笑えたセミナーは今まで無かったです!
 今までの中で、一番良かったです!」


こう言ってくれました!

 


わしとしては『笑えたセミナー』と言う所が一番の褒め言葉です。


ちなみに・・・

こんなカリキュラムでした。

①営業の極意とは・・・

②物を売らずに“事”を売る
  
③売った後からが本当のスタート
  
④最終顧客が喜ぶ提案
  
⑤見積を出さない営業スタイル
  
⑥お客の動きを『仮説』する

⑦撒き餌営業
  
⑧クチコミされる営業
  
⑨第3者に営業させる
  
⑩頭を下げない営業

⑪新規客を集める営業
  
⑫78マス営業
  



1回目セミナーは、内容説明です。


来週の2回目は、この内容を自社に合わせて考える
ワーク中心となります。

 


セミナーなんか、いい話を聴いて帰っても

 



『一瞬燃える』のがオチです!


 

大切な事は、それを自社に落とし込むこと!


じゃ、セミナーで聞いた内容を
会社で1人こもって考えるかというと・・・


絶対にあり得ません!


日常の、バタバタした雑踏にまぎれて
後回しになって、忘れ去られていく・・・


だから!ちゃんと時間を作ってもらって
皆がいる環境の中で、自社の戦略を考える!

 


これが、実は一番大切なんです。


だから、来週の2回目のセミナーは
とにかく、頭に汗をかくセミナーになります。


来週はきっと、みんな苦しむんだろうな~

 

昨日参加してくれた24名の方

お疲れさまでした。

 

1泊で尾道からも参加しもらって

有難うございました。


ほんじゃまた

DSC00716.jpg
DSC00721.jpg
DSC00718.jpg
DSC00719.jpg
DSC00720.jpg
DSC00717.jpg



_■『クチコミで広がった』板坂裕治郎セミナーのお知らせ■_________

★『営業戦略セミナー』
  2009年11月26日(木)・12月3日(木)

★『小学5年生でも分かる 単純明快経営塾』
  1回目:2010年1月21日(木)
  2回目:2010年1月28日(木)
  3回目:2010年2月4日(木)

セミナー詳細はこちら ⇒ http://www.tai-gee.com/s


右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングでNo.1を取りたいので、ご協力ください。
下のバナーを『ポチッ』と押してやってください。

広島ブログ  人気ブログランキングへ    blogram投票ボタン

 

中小零細の商売は『家庭菜園』と同じ

カテゴリー: 小学校5年生でも分かる勉強会

vol.589


今日から『営業戦略セミナー』が開始する。

20名限定の所、最後に駆け込みがあり
22人での開催となった。

⇒ 『営業戦略セミナー』はココ


これは、いつもの
『小学5年生でも分かる 単純明快経営塾』で
やっている、基本勉強より

もっと、日常の業務に入り込んだ


『これをやれば、売上があがります!』という
即、会社の数字に直結する勉強会だ。


でも、基本となる『強み』であったり『理想客』という
ところが理解出来ていて、深まるもんだろう。




皆こんな時代だからこそ
即効性のある手法に目が向きやすいのは良く分かるが
基本を無視した、社長さんが多い!




「御社の顧客は何人いるのですか?」という質問に




「う~ん1000人~1500人くらいかね・・・」



こういう答えをされる方が余りにも多い!




わしから言わせれば

1000人と、1500人の



500人の差はなんですか?


と言う事だ!

 



そして、こういう答えをする人に限って



「新しいお客さんが増えないんだよね・・・」と言う。

 


こういう社長さんは
お客さんの管理もずさんだから
新規客に対しての指標もずさんだ!

 



こういう社長さんの 『新規客の定義』は


すぐに物を買ってくれる人!

 


そこには、タネをまいて、水を与えて
元気に大きく育てようなんて意識は


まったく無い!

 




すぐに買ってくれそうな臭いがする人だけに飛びつく!



そしてそのお客が、見込み違いで
すぐに買ってくれなかったら

地下倉庫の物置の一番奥のほうに投げ込まれて
再び、日の目を見ることはないだろう!


現在のお客さんの数を


★1000人~1500人というアバウトな管理しかせず



★見込が外れた新しいお客さんは地下倉庫!



これでは、何時までたっても
獲物を探して、長い長い旅を続けなければならない。

 



中小零細の商売なんて、家庭菜園のようなもの。

 



ベランダで小さなタンプラーに“種”をまいて

肥料をやって、水を与えて、害虫を取ってやって

やっと出来た“収穫物”をみんなで味わい

その収穫物が残した“種”を

また土に植えて、肥料をやり、水を与え・・・・



これの繰り返し!

 




今日のセミナーでは、家庭菜園商売方式を

各企業にあてはめて、お教えする内容になるかな・・・!

 


どっちにしても、


金が先に来る、目先の人には明日は無いね!

 



ほんじゃまた



_■『クチコミで広がった』板坂裕治郎セミナーのお知らせ■_________

★『営業戦略セミナー』
  2009年11月26日(木)・12月3日(木)

★『小学5年生でも分かる 単純明快経営塾』
  1回目:2010年1月21日(木)
  2回目:2010年1月28日(木)
  3回目:2010年2月4日(木)

セミナー詳細はこちら ⇒ http://www.tai-gee.com/s


右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングでNo.1を取りたいので、ご協力ください。
下のバナーを『ポチッ』と押してやってください。

広島ブログ  人気ブログランキングへ    blogram投票ボタン

営業活動って、ナニよ!? その2

カテゴリー: 小学校5年生でも分かる勉強会

vol.582


根性を決めて、行きにくい所への営業活動もする!


でも、出来るわけが無い!


行きたくない所へ無理やり行っても
ストレスがたまって、体を壊すのがオチ!


でも、訪問頻度を増やさないと数字は挙がってこない。


どうする??


さあ、どうする??


昨日までの話・・・




今日はどうするかのお話です!


皆さんは、見込み客が成約にいたらなかったお客さんを
どのように処理していますか?



・書類をまとめて引き出しの中にしまっておく!


・フォルダの中に入れて、ハードディスクにしまっておく!


・もうだめな客だと諦めて、抹消する!




さぁ! どれでしょう!?




そのお客さんは、一応には見込み客として
話の場を設けて、一度は交渉したはずです!



ただ一度は交渉して、結果成約までいたらなかったと言う事。


と言う事は、可能性が“0”だったと言う事ではない。


そこには、何らかの問題があって成約できなかった!


でも、その『何らかの問題』というのは
今現在の話かもしれない!


これだけスピードの速い時代になると
今は必要なくても、来年には必要になるかもしれない!



今はそこまで必要なくいても
何か突発性の問題が起こって
急遽、必要になっているのかもしれない!


そんな時に、前回クロージングをした貴方の事を
ちゃんと忘れずに覚えてくれていると思ったら



大間違い!

 


そんな急遽な時に
たまたまタイミング良く営業して来た別の奴の提案が良ければ

お客さんは、その会社から物を買うことになる!




「ええっ~! 以前僕が提案したじゃないですか!」

そんな事、声を大きくして訴えても



お客さんは、あんたになんかに義理はない!

 


何処から買うかなんて

100%お客さんが権利を持っている!



と言う事は、どうすれば良いのか?


それは、1つしかない!



ずっと忘れられないように、繋がりを持つしかない!


お客さんが急遽必要になったときに

「あっ!そう言えば、あいつが居ったの!」と

 



●●と言えば = だれだれ


こういう図式を、お客さんの頭に植え込んでおく必要がある!

 



そうする為に、お客さんとの『繋がり』は欠かせない!


でも、全部のお客さんを伺う事は出来ない!


出来なくてもやらなくてはいけない!

 

なにか良い方法はないのか???

 

 



それには、最強のツール


『御社の情報誌(ニュースレター)』を発行すれば良い!



わしが主宰する『全顧客身内化実践会』という組織があるんじゃけど

この組織の目的は、読んで字のごとく

『全ての顧客と身内関係を作る』というものだ。



身内関係とは、お互いの事を良く知っている関係!


お客さんは、一度営業にお伺いしたくらいで
ずっと覚えてくれるほど、貴方に興味なんて無い!



興味が無いんだったら
しつこく、粘り強く、あなたに興味を持たせれば良い!


だからこの『全顧客身内化実践会』のメンバー企業は
各々の情報誌を発行して


お客さんから忘れられないようにしている。

 



忘れられないようにしているから
チョット困った問題が発生した時に、お客さんから声がかかる!


お客さんから声がかかるから

 



質問された事に答えるだけ!

 




うちのメンバー企業さんは、情報誌の発行部数はそれぞれ違うが
平均して1000通くらいを発行している。


と言う事は



「僕の事を忘れないでくださいね!」

「こんな新しい商品があるんですよ!」

「うちの商品を使ったお客さんがこんなに喜んで知るんですよ!」



こんな感じの声かけを

毎月、1000人の見込み客に対して発信しているんです。



わざわざお客さんに時間を作ってもらう必要もないので
お客さんは、自分の空いている時間を使って
それを読むんです。


※お客さんにちゃんと読んでもらうのにはちゃんとしたルールがあります!

 


そして、毎月読んだお客さんは

「先月号に書いてあった●●という商品、ありゃええん!?」

と、軽く聞いてきます。



聞いてくると言う事は、そこには『ニーズ』があるんです。


『ニーズ』があるから、あなたの答えを聞きたがっているんです!


実際に、うちのメンバー企業の『防犯セキュリティー』関連の㈱モリタカさん
この情報誌だけで、毎月20万~50万近く販売されています。



この20万~50万の売上を作るのに
わざわざ営業に出かけたり、そんな事まったくされません!



ひどいのになると、声をかけて来てくれたお客さんの事自体も忘れています。



この社長さんは、色々な所で名刺交換をされた人にも
この情報誌を送っているので



「今電話して問合せをしてきた人って・・・ 誰?」



こう思いながら、古い名刺を探して
その人を探すそうです。

こんなルーズなやり方が通用するんです!!



このやり方なら
わざわざ時間を作って、嫌な客の所に
根性を決めて訪問をしなくても



毎月決まった時に

1000人の見込み客の所に
営業に行ったのと同じことが出来るんです。


実際に僕の開催するセミナーも
うちで発行している情報誌がどんどん営業をしてくれます。

そしてそれを見た見込み客さんが

 

「あのセミナー気になるんじゃけど、チョット教えてくれる?」

 

こうなるんです。

 

 


ぜひ皆さんも、自社の情報誌を発行してみてください。

 

何処でサボっているか分からない営業マンより
毎月必ずお客さんの手元まで行って、営業してくれる賢いツールです!

 


今日の話を聞かれて
この『情報誌発行』に興味を持たれた方!

 



具体的なやり方や激安送料など
『全顧客身内化実践会』主宰の僕が
手取り足取りお教えします。


チョット聞いてみたいと言われる方は

yujiro@tai-gee.com

まで、メールを下さい。


僕の情報誌『原点回起』と
詳しい資料をお送りしますよ。

 


ではでは・・・



ほんじゃまた



右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングでNo.1を取りたいので、ご協力ください。
下のバナーを『ポチッ』と押してやってください。

広島ブログ  人気ブログランキングへ    blogram投票ボタン

営業活動って、ナニよ!?

カテゴリー: 小学校5年生でも分かる勉強会

vol.581

先日クライアント先の営業マンと
個別で色々と話をした。



彼は、今月で入社1年目を向かえる、まだまだ新人!


と言っても

 

ピカピカの新入社員じゃなく
以前15年くらい営業マンをやっていた人だ。


彼から、これからの営業活動に対して
色々と相談を受けた。



簡単に『営業活動』と口にしているけど

この営業活動には、何か定義があるのか??

 




この営業活動に対しては、たくさんの本なども出ているが



基本的にはこういう事じゃろう



①「営業予算を達成するために十分な訪問量を確保する」



②「顧客の詳細情報を収集する」



③「顧客ファイルを整理、定期的にフォローし、リピートオーダーの取得を目指す」


こんな所でしょう。

 




確かに①番の『十分な訪問量の確保』が出来れば
人間関係も構築され、良い結果になっていくでしょう!


しかし!


簡単な事ほど出来ない物!


営業マンが外出して訪問する所と言えば



一言で言えば

 



『行きやすい所』


こうなっていく。

 


行きやすい所というのは

 



『居心地が良い所』

とも言えるじゃろう。



これで、ちゃんと数字も挙がっているんなら
何も問題はないけど



いつもバカ話ばかりで
ふたを開けてみると、たいした数字も挙がっていない!



これでは本末転倒だ!





しかし営業マンは、自分の行動を棚に上げて



「新規のお客さんがいないんです!」っと・・・



そりゃお前が行きやすい同じところばっかり訪問して

新たな顧客を回って、情報収集しないから!


ただそれだけの事なのに・・・



新しい所への訪問も無ければ
新しい話が入ってくる事もない!

 

 



じゃどうやって、たくさんのお客さんへの訪問頻度を増やすのか?

 


それは!

 

 



根性を決めて、行きにくい所への営業活動もする!


 


どう!?

 




こんな教科書のような事を書いても

 


出来るわけが無い!

 



何故かというと、気持が『行きたくない』んじゃけ!


行きたくない所へ無理やり行っても
ストレスがたまって、体を壊すのがオチ!


でも、訪問頻度を増やさないと数字は挙がってこない。

 


どうする??



さあ、どうする??

 




長くなりそうなんで
この続きは、また明日


ほんじゃまた


右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングでNo.1を取りたいので、ご協力ください。
下のバナーを『ポチッ』と押してやってください。

広島ブログ  人気ブログランキングへ    blogram投票ボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。