FC2ブログ

スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

女性の目線は、男目線と違うのはなぜ?

カテゴリー: オシャレな下品の生き方

vol.617


やっぱり女性の目線は
男とは違うなって感心した。

先日の東京遠征で
たくさんの出版社と
たくさんの著者さんとの忘年会に出たけど

その時にお話をさせてもらった

モテ塾 のパーソナルプロデューサー
市川浩子さん

 

★この市川浩子さんは

 良く居るバリバリのキャリアウーマンとはちょっと違って

 それもあるんだけど、その中に『女性らしさ』を

 持ち合わせた、女性として可愛い方でした。

 

彼女のブログに

ココ⇒ http://ameblo.jp/pinkdaiya815/entry-10417421001.html

明らかにわしの事が紹介されていた。


1億円の借金から這い上がっているところという

広島人にお会いしました!

その人の凄いところは

倒産も破産もせず、

奥さんも逃げなかったというところ

特に3番目はなかなかできないことだと思います。


こう書いてあった。


普通、男だったら



『倒産もせず、破産もせず』

というところに食らい付くんじゃけど


でも、女性は
そんなダメ男に付いて行った嫁さんにフォーカスする。


やっぱり、その状況を
女性として、自分に置き換えるんじゃろう。


でも、考えてみればそうかもしれん。



今思えば、平成15年くらいが一番きつかった。


ヤミ金をはじめ、数々の取立ての電話が
ひっきりなしにかかってくるし


裁判所の差押執行官も
たびたび家に令状のような物を持って遊びに来てくれるし。


普通の神経だったら

「もう嫌だ!」ってなるんじゃろう。



じゃなんで、うちの家はそうならんかったんじゃろうか・・・?



色々要因はあると思うけど

一番の大きな要因は


どんな取立をしてくる奴よりも

どんな差押をしてくる奴よりも

 

逃げも隠れもせず

わしの方が強いんじゃ!という姿勢を見せ続けたことかな!



ヤミ金業者の訳の分からん取立にも
まったくひるむことなく
奴らが言ってくる10倍の文句は言って返した。

所詮ヤミ金業者なんてのは
東京発信が多いから
取り立ても東京弁でまくし立ててくる。

わしら、広島人からすれば
東京弁なんて、オカマ語にしか思えん。


「おどりゃ!わしゃお前のその言い方にぶちキレとんじゃ!」


迫力は、広島弁の方が圧倒的に上!


それを、傍から聞いてる嫁さんは

「ひょっとして、この人の方が筋が通っているのかも?」

と、妙な錯覚を覚えたんじゃないかな(^.^)


差押の方が来られる時は

「なかなかこの世の中で生きとって
 差押の人が来てくれるなんて、そう無いで!
 じゃけ、色々と社会勉強せんといけんじゃろ!」

「大型ゴミになりそうなもんがあったら
 安いけど、買い取って持って帰ってくれるかもしれんけ
 一石二鳥でええだろ!(^.^)」

「まーお前は、子供と一緒に買い物でも行って来いや!」


さすがに子供には、教育上良くないと思って
嫁さんと一緒に外出させましたけど・・・


っと、こんな感じで
どんな事も、前向きで笑い話にしていた。


うちの嫁さんは20歳くらいで
わしと結婚しているから

あまり世の中の事が分からんまんま結婚したので
わしの行動が、普通だと思ってたんでしょうね。

動物の生まれたばかりの赤ちゃんが
始めてみた物を、形が違っても“親”だと思う
あれと一緒でしょうか?(違うか・・・?)


まーでも


ここまで19年間やってきて
離婚もしていない要因の一番大きな物は


そういう環境と、なんでも笑いにしてしまう
前向きな思考だと思います。


人生、生きていれば色々な問題が起こる。


その問題をいつも真正面から捉えていたら

憂鬱になるだけ!



ちょっと角度を変えて見る事が出来れば
その問題がもたらしてくれる、副産物が必ずある!


借金1億円もして、貧乏になれば

子供が自立する。


お金のありがたみはもちろん
将来自分が結婚する時には
わしのような貧乏男とは絶対に結婚しない!



そう心に誓うんじゃろう。


しかし、そこは家族の不思議な力が作用して
うちの子供たちも、同じ様な路を歩むと思う。 (ご愁傷様・・・)



もし仮に、お金持ちと一緒になれて
順風満帆の生活が出来たとしても


物欲は満たせれても、一番大切な“心”が満たせん!


「ALWAYS・三丁目の夕日」じゃないけど
貧乏には貧乏の良さがあるんです。


下手に金があると、子供に金かけたりして
自分のアバターのように仕上げようとするエゴが
子供の心をダメにしていく!!


子供なんて、金かけんのが一番!


子供も金が無いから

「今年はどうやったら、イッパイお年玉もらえるか!?」

こんな感じで、自分の頭で考えるようになる。



っと・・・


偉そうに、わし目線で書いてきたけど


もし!



わしが女で、わしの嫁さんじゃったら



間違いなく!絶対に! 離婚してる!


だから・・・



わしがいくら美談として語っても



わしの嫁さんの忍耐力や、子供達の明るさが
凄かったんだと思うよ。


感謝・・・ 感謝・・・


市川さん!

こんなんで良かったかね?



ほんじゃまた




_■『クチコミで広がった』板坂裕治郎セミナーのお知らせ■_________

★『営業戦略セミナー』
  2009年11月26日(木)・12月3日(木)

★『小学5年生でも分かる 単純明快経営塾』
  1回目:2010年1月21日(木)
  2回目:2010年1月28日(木)
  3回目:2010年2月4日(木)

セミナー詳細はこちら ⇒ http://www.tai-gee.com/s


右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングでNo.1を取りたいので、ご協力ください。
下のバナーを『ポチッ』と押してやってください。

広島ブログ  人気ブログランキングへ  


スポンサーサイト

就職面接では、どこを見られているのか! お教えします。

カテゴリー: オシャレな下品の生き方

vol.557

DSC00661.jpg

わしも、何人もの面接を過去やって来たけど

結局は、面接だけでは何にも分からん!



人間として、面白そうか、そうじゃないか・・・



面接では、いわゆる“直感”みたいなものを信じるしかない。



だから、面接練習をばっちりした
受け答えには、何も感じない。


その人の、本当の姿が垣間見れない。

 

こういう人に、興味をそそられない。




こっちが欲しいのは


素直で、明るく、壁に当たっても挫けない人!




履歴書に、いくら資格所得を書かれても



●学ぼうとする素直さや

●前向きな明るさ

●失敗を恐れない


こういう心がない人は必要ない!




だから、100点満点の経歴じゃない人のほうが
どうしても、面白いと感じてしまう。

DSC00662.jpg

「具体性のない表現は避けたほうが良い!」

と、ここにも書いてあるけど


抽象的なことしか言わない
どこにでも居るような
可もなく不可もないような人材は
企業としても、採用したくないよね。




採用しても、どうなるか・・・




大体想像がついちゃうから!




大化けするか、まったく使い物にならないか・・・


これくらい博打の様な人材のほうが

育てがいがあるんじゃけどね。





学生の皆さん364


面接練習なんてする暇があったら


バイトで働いているお店の
売り上げアップの為のプロジェクトに
参加してみたりして



お金を稼ぐ難しさ


を勉強して

それを面接で語ったほうが


こんな面接セミナーで勉強するより
有意義だと思うけどね。

ほんじゃまた



右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングでNo.1を取りたいので、ご協力ください。
下のバナーを『ポチッ』と押してやってください。

広島ブログ  人気ブログランキングへ    blogram投票ボタン

たったこの1つで、失敗しても前向きになれるんです!!

カテゴリー: オシャレな下品の生き方

vol.376

先日、知り合いの社長さんとこんな話になった。



「じゃけど、そこまで借金が膨らんだのに
 全然そんな状態になっとるなんて、分からんかったわ・・・」

「普通そんなかったら、顔からも生気が抜けて死人のようになるんじゃないの!?」

「どうやったら、そんな状態で前向きにおれるん?」



こんな感じの、褒め言葉(?)をもらった。




今までも、こういう風に聞かれた事が何度かあったけど
わし的には、努めて明るく振舞っているわけでもない。



かといって、この大変な状況から目を背けて来た訳でもない。



今までは月末の支払だけを心配しておけば良かったものが
だんだんと、20日も支払日になってきて
気づいたら、5の付く日と、0の付く日は全て支払日になっていた。


月末や20日の支払日にちゃんと支払できないから
他の日に振り分けたりした結果



5の付く日と、0の付く日は全て支払日になっていた。

ドラックストアーの5の付く日と、0の付く日は全てポイント5倍デーみたい・・・

そして負債総額1億円を超えたときには
毎日が何かの支払日になっていた。

 

正直言うと、こんな状況下で明るくなんて振舞えない!!



でもわしは、周りの人も気づかないくらい明るく振舞えた。

それは、なぜなのだろう・・・


それは!



『自分を納得させる理由を見つけるのがうまい!』

この一言に尽きる!!





基本的に過ぎ去ってしまった事に余り目を向けない。



犯してしまった失敗をいつまでもクヨクヨしない。



犯してしまった失敗を、どうやって処理したら評価が上がるか?

それしか考えていない。


 


「あいつ、○○○○な失敗をしたんじゃけど、めちゃめちゃ処理が早いんよ!」と
その人が、ついついこの話を他の所でしてしまうくらいのギャップを与えようと決めている。

マイナスという“0ライン”よりも下回った評価になったのだから
“0”や“10”という、通常で言えば低評価のラインに持ち上げるだけでも
マイナス”というラインからすると、凄く上がったように見える。


どうせ!人間なんて、誰しも失敗はするものであって
失敗した事をずっと悔やんでいても“マイナス”状態が長く続くだけ!

マイナスに陥ったら、いかに早く『プラス要因を認めてもらう』かを常に考える。


わしが今まで人生の中で一番苦しかったときに発見した

『自分を納得させる理由』は


このブログでも何度か書いているけど



『人生“プラス”と“マイナス” 最後は皆な“0”で死ぬ』

この言葉には、かなり救われたし、妙に納得もさせられた。



これは、今ブイブイ言わしている奴も、この先大きな“マイナス”が待ち受けている。


逆に今が大きな“マイナス”の人は、この先大きな“プラス”が待っている!!

 



こういう、もっとも自己中心的な考え方のように見えるが
この言葉をある大きな事件が裏づけをしてくれた。

それは・・・


『ホリエモンの逮捕!』

続いて『村上ファンドの村上逮捕』



この大きな事件は、その当時のわしの心に大きな火をつけてくれた!



「やっぱり!この『人生プラス、マイナス理論』は当たっとる!」


だからどんなにどん底を味わっていても
根拠のない『この先待っている大きなプラス』に目を向ける事が出来たのだ。


あなたも!この自分勝手な根拠のない理由を見つければ必ず上向きます。


起こってしまった失敗をクヨクヨ悩む時間があったら

早く 『自分を納得させる理由』  を見つけてください。

 

ほんじゃまた

右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングでNo.1を取りたいので、ご協力ください。
下のバナーを『ポチッ』と押してやってください。

人気ブログランキングへ  

オシャ下になるためのレッスン

カテゴリー: オシャレな下品の生き方

vol.367

先日、ブログ開始から1年が経ちましたとお伝えしたところ
その後もたくさんのコメントを、ブログ経由やリアルに電話などから頂きました。

ネットというのは、こういう双方向な関係が作れるので良いですね!

2年目も頑張って書き続けようと思います。

 

みなさん、有難うございました。




それでは本日は、先日の続きを書いてみようと思います。



『人生ゲーム Jリーグバージョン ~追われる者より、追う方が強いんじゃ!~』

↑この日にも書きましたが
世の中は、『20%の上品層』と『80%の下品層』から出来ている。

この境界線は埋める事が出来ないのか!? というと
まったくそんな事は無い。

世の中の20%しかいない上品層の中でも
バリバリ出来る奴と、落ちこぼれがいる。

上品層での落ちこぼれは、Jリーグで言えば
J1の降格ラインの3チームと同じ立ち位置。

と言う事は、当然その下部組織(J2)である『下品層』の
TOPにいれば、入れ替えする事が出来る。

こういう話を書きましたが



じゃ、どうやって下品層の中のTOPに入る事ができるのか・・・


これには色々な事があると思いますが

今さら、勉強をして負けない体質を作る!

なんて言ったら、ゲッソリするでしょ!



勉強が好きじゃなかったから、今の下品層のポジションにいるのに
そんなわしらに勉強の強要をしたら、もっと落ちこぼれるだけ!

ならどうすれば良いの?



そこでわしが身に付けて来た、アウトロー的な上品に負けない方法を
オシャレに伝授したいと思います。

 

どうあがいても下品である事は間違いないのだから

せめて、下品の中でも『オシャレな下品』になって欲しい。

 

この『オシャレ』の中に、上品層に負けないエッセンスがたくさん詰め込まれている。

 

オシャレな下品=オシャ下

 

ダサい下品=ダサ下

 

ココでは分かりやすいように、こう区別します。

 



それでは、まずは、レッスン1



『ピッカピカのラベルに怯(ひる)まない!』


こういう話が良くあります。

中学や高校の同窓会があって
何十年ぶりに顔を合わせて、とりあえず名刺交換なんかすると

昔一緒にやんちゃして遊んでいたメンバーに限って
1人親方の土建業だったり
聞いた事のないような会社で働いていたり

しかし、学生時代にいじめられっ子的な、余り目立たない存在だった奴が
名刺交換で出してきた名刺が
世の中の誰でも知っているような、超一流の会社の
しかも!! 主任であったり、課長であったりと役まで付いている・・・

学生時代には、絶対にわしらには勝てんで
いっつも机から離れんかったような、大人しかった奴が ・・・

今は、「どうだ!!」みたいな感じで名刺を出してくる。

その時の顔色が、ツヤツヤして妙に自信を持っているように見える。

昔あんなに暗かったのに・・・



で、追い討ちをかけるようにそいつから聞かれる

「○○君のこの仕事は、どんな事やってるの!?」

まさか毎日土掘ってるなんて言えないから

「ビルとか建ててる!」

「へーそんなんじゃ! すごいじゃん!しかも社長じゃん!」

「まっ・・・ まぁ・・・」

そして、心の中でこうつぶやく

『社長って言っても有限会社で、社員はわしと嫁さんと若い子が1人・・・
 社長という肩書きを持ったわしより、お前のほうが給料が良いんだろ!!』

『学生の頃の勢力図では、絶対にわしのほうが上じゃったのに、完全に今は逆転されている。
 これ以上こいつと喋っていると、惨めになるんでこの場を離れよう・・・ 』


皆にもこんな事って、大なり小なり身近で起こったこと無いですか?

 

 

これは、その人という人間にビビッたんじゃなく


その人を取り巻いている、ラベルにビビッただけの話。

学生の頃って、親がスッゴイ会社の社長でも

当の本人がいけてなかったら、ビビる事も何も無かったと思う。

学生の頃は、そいつを取り巻くラベルよりも
人間性で勝負してたはずなのに

なんで、社会に出て妙に大人になると『ラベル』に左右されるんだろうか・・・

 

 

そいつが働いている会社や肩書きで、人間まで肯定されるのか!?

 

ブランドに弱い!!

 

 

 

これ!ダサ下の証拠ね!

 

ついつい人を見る目が、こういうラベルで判断してしまう人は

 

自分の本当の判断基準を持っていないから

こういう『ブランド』を判断基準にしてしまう。

 

 

 

身に付ける物でも一緒の事がよくある。

 

わしはアパレル業を15年やってきたから良く分かるけど

海外一流ブランドを身に付ければ、おしゃれだと勘違いしている人!!

 

これは!筋金入りのチョーが付く『ダサ下』の証拠ね!

 

これもさっきの話と同じで

本当に自分に合った洋服を選べないから

名の通った、誰でも知っている一流ブランドを着ればカッコいいと思っている。

 

 

 

「そのスーツ!なんか変じゃの!」なんて人から言われようもんなら

 

 

「アホか!359 これグッチで! わかっとらんの!412

 

 

 

っていうか、お前が一番わかっとらんのんじゃ!

 

グッチじゃけ、どしたんか!って事に気づいていない!

 

このように、自分自身を色々なラベルで隠さないといけない生き方をしているから

当然、人を見るときもそのような見方をしてしまうんです。

 

 

だからレッスン1の『ピッカピカのラベルに怯まない!』は

 

取り巻いたラベルをはがして

本当の判断基準を持ち合わす。

 

 

じゃ!本当の判断基準はどうやって?

 

 

長くなったんで、これはまた書きます。

 

ほんじゃまた

 


右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングでNo.1を取りたいので、ご協力ください。
下のバナーを『ポチッ』と押してやってください。

人気ブログランキングへ  

人生ゲーム Jリーグバージョン 

カテゴリー: オシャレな下品の生き方

vol.364

昨日の内容に共感してもらった人がいた。


>共感!ってか同感です

>エリート階級に上回るものと言えば雑草の意地でしょうか

>捨てるもののないやつの力は侮れないっすよ。


ホンマスさん 有難うございました。


いやいや!

ホンマスさんの負け犬の遠吠えも見事ですね!

でも、これで良いんです。


所詮わしらは、世の中の80%を占める下品層の人間ですから・・・


ただし!!

下品層の中にも

上  中  下  がある。

わしが思う世の中の簡単な縮図はこうだ! ↓↓↓↓↓


上下品
世の中には逆立ちしても絶対に勝てない
超が付く一流階級がある。

これは生まれた時から決められているような
わしらの想像を絶する階級。

これがほんの一握りいて

その下に『努力をした上品層』がいる。

なぜ努力をしたと書いたかというと
元々、上品層も下品層も共存していたんだけど
常に上を虎視眈々と狙って
努力し続けた者だけが作り上げた層だから

上品層も元を正せば、下品出身と言う事になる。



そしてその下が、わしらがドップリ浸かっている
世の中の大半を占めている『下品層』がある。

こうやって図にして見ると
妙に納得できるでしょ!

 

しかし! ココからが大事!

この図にも書いてあるけど


『凡人、大衆、三流と呼ばれる下品層』の中でも


上、中、下が生まれると言う事。


下品層の“上”にいると言う事は
限りなく、上品層に近い人だと言う事だ!

Jリーグに例えるならば
J2のTOP2チームに入る事が出来れば
年に1度、J1の下位2チームと入れ替えする事ができる。

Jリーグのあの制度は面白いよね。



例えば、『ぶちタイギーズ』というサッカーチームを造り

草サッカーから始めて、JFLというJリーグ3部みたいな組織に昇格して
続いて、J2との入れ替え戦して J2に入り
最終的にはJ1と入れ替え戦して、見事勝利を収めれば!

見事!草サッカーという下品層の一番下だったチームが
どんどんどんどん!勝ち上がっていき
最終的には上品層である、J1に入れるという
サッカー界のジャパニーズドリームが実現する。

プロ野球界も、こんな下克上にしてしまえば良いのに。



野球では、独立リーグから勝ち上がっていき
最終的には、セリーグの1チームになるなんて
逆立ちしても出来ん事じゃけ・・・   悲しいね・・・


緊張感がないけ、視聴率も取れんのんじゃろう




だから、わしらの人生は『Jリーグ化』せんといけんと思う。



今は、JFLでもJ2でもエエけど
イッパイ努力して、J1との入れ替え戦が出来るまで
実力を身に付けんといけんじゃろ!


『追われる者より、追う方が強い!!』

 

J2の入れ替え戦に出るチームは
『ダメで元々! 勝てれば念願のJ1だ!!』

逆に、J1の下位で入れ替え戦に回されるチームは
『J2に落ちたら生活が激減する! J2なんかに落ちたらどうしよう・・・』

こうやって両者の立場を俯瞰してみるだけでも、違いは明らかだ!

 

 

話を元に戻すが
今が下品層にいたって、まったく問題ない。

問題なのは、下品層の何処にポジションを保つかと言う事。


当然、上品層の中にも上、中、下があるんじゃけ


下品層の上位20%くらいに位置する事ができれば

上品層の下位20%の奴らとの入れ替え戦は
戦う前から勝負は見えていると言う事になる!


どうよ! こう考えると今からでも入れ替え戦出来そうな気がしてこん!?


『人生ゲーム Jリーグバージョン ~追われる者より追う方が強いんじゃ!~』


サブタイトルまで決めてみました!


ここまで読んできて、そうじゃ!そうじゃ!・・・
でも!? どうやって下品層のTOP20%に入れば良いんじゃろ!?

っと思われた人の為に
とっておきの秘策を、これからは書いていこうと思います。

良かったら読んでみてくださいね。

 



そしてこのブログも今日で364号です。
去年の4月20日に始めて、明日で丸1年を迎えます。

これもTOP20%に入るための、地道な努力かな・・・


ほんじゃまた明日。 


右下にある comment という所から
皆さんからの、心あるコメントを残してやってください。

ブログランキングでNo.1を取りたいので、ご協力ください。
下のバナーを『ポチッ』と押してやってください。

人気ブログランキングへ  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。